ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > バターの安定供給について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年9月25日

農林水産省

バターの安定供給について

農林水産省は、平成27年度について、バターの生産量が増加し、供給が需要を上回る見込みとなっていることを踏まえ、9月時点では、バターのさらなる追加輸入は行わないこととしました。

平成27年度のバターの需給見通し

バターの生産、供給及び輸入の見通しについては、以下のとおりとなっています。

 

1.最近の生乳生産については、増加傾向にあり、平成27年度のバターの生産量は昨年度に比べて増加し、供給が需要を上回る見込みとなっています。(別紙1)

2.年末の需要期に向けての取り組みとして、主要乳業メーカーにおいて、特に10月から12月にかけて、別紙2のとおり、バターの供給量を増加させる計画となっています。 

3.1月及び5月に輸入を決定した12,800トンのバターが別紙3のスケジュールによ り10月末までに順次輸入され、国内の需要者等に売り渡されます。

 

特に、規模の小さい洋菓子店等でも直接利用できる小物バター(1~5kgに包装された冷凍バター)等2,000トンについては、国内での円滑な流通のために、輸入され次第、速やかに需要者に売り渡すことを指導します。

 

なお、こうした状況について小売店、洋菓子店等にも説明をしていくことにより、安心感を持っていただき、安定的な需給につなげていきます。

今後の輸入判断について

今後とも、小売店でのバターの販売状況や価格の動向等を注視し、必要な場合には、機動的に対応しますが、現時点では追加輸入は必要とは考えておりません。

なお、平成28年度についても、平成27年度と同様に1月、5月及び9月に輸入の判断を行う方針です。

お問い合わせ先

生産局畜産部牛乳乳製品課
担当者:需給班  藤岡  価格調査班  林
代表:03-3502-8111(内線4932)
ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX:03-3506-9578

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図