ホーム > 報道発表資料 > 家畜排せつ物法施行状況調査の結果について(平成21年12月1日時点)


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年2月5日

農林水産省

家畜排せつ物法施行状況調査の結果について(平成21年12月1日時点)

農林水産省は今般、「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」(家畜排せつ物法)の施行状況(平成21年12月1日時点)を調査し、その結果を取りまとめましたので、お知らせします。

1.管理基準(法第3条)への対応状況 注1

(1)管理基準適用対象農家の概要
管理基準適用対象農家数は56,184戸であり、全畜産農家数112,912戸に占める割合は約49.8%であった。

 

(2)管理基準への対応状況
管理基準に適合している畜産農家数は56,161戸であり、管理基準適用対象農家数56,184戸に占める割合は約99.96%であった。
なお、管理基準に適合していない畜産農家数は23戸であり、前回調査(平成20年12月1日現在)の32戸に比べ減少している。

 

2.法に基づく行政指導等の実施状況(平成20年12月2日~平成21年12月1日)注2

管理基準に従った家畜排せつ物の管理を行うよう「法第4条」に基づく指導及び助言は8戸の畜産農家に対して実施され、「法第5条第1項」に基づく勧告は8戸の畜産農家に対して実施された。
「法第5条第2項」に基づく命令に至った事例はなかった。

 

注1.管理基準の内容や、管理基準適用対象農家については、添付資料「家畜排せつ物法について」を参照のこと。

注2.行政指導等の内容については、添付資料「調査結果概要」中の参考付表の表2「参考」を参照のこと。

 

(参考)

家畜排せつ物法とは

畜産環境問題の顕在化と環境問題に対する国民意識の高まりといった背景の下、家畜排せつ物の野積みや素堀りの解消など管理の適正化を図るとともに、たい肥化などにより資源としての有効利用を一層促進することを目的として、平成11年に成立、施行されたものです(詳細は参考資料を参照してください)。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産企画課畜産環境・経営安定対策室
担当者:環境企画班  金澤、田中
代表:03-3502-8111(内線4890)
ダイヤルイン:03-3502-0874
FAX:03-3502-0873

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図