このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成31年度畜産物価格等の決定について

  • 印刷
平成30年12月13日
農林水産省
農林水産省は、本日12月13日、食料・農業・農村政策審議会に対し、平成31年度畜産物価格等について諮問を行い、その答申を受けました。
これを踏まえ、平成31年度畜産物価格等を決定しました。

1.総交付対象数量並びに加工原料乳生産者補給金及び集送乳調整金の単価

(総交付対象数量)340万トン
(生産者補給金の単価)8.31円/kg
(集送乳調整金の単価)2.49円/kg

2.平成30年度の改定後の肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格

                                                              (単位 : 円/頭)
                                       保証基準価格      合理化目標価格
黒毛和種                                531,000               421,000
褐毛和種                                489,000               388,000
その他の肉専用種                     314,000               249,000
乳用種                                   161,000               108,000
交雑種                                   269,000               212,000

注:改定後の保証基準価格及び合理化目標価格は、平成30年12月30日から適用する。

3.平成31年度の肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格

                                                              (単位 : 円/頭)
                                       保証基準価格      合理化目標価格
黒毛和種                                531,000               421,000
褐毛和種                                489,000               388,000
その他の肉専用種                     314,000               249,000
乳用種                                   161,000               108,000
交雑種                                   269,000               212,000

注:平成31年10月に消費税率が8%から10%へ引き上げられた場合には、保証基準価格及び合理化目標価格について、消費税率引上げを反映させた所要の改定を行う。

4.鶏卵の補塡基準価格及び安定基準価格(※)

(補塡基準価格)185円/kg      (安定基準価格) 163円/kg
なお、鶏卵の補塡基準価格及び安定基準価格は、食料・農業・農村政策審議会へ諮問するものではありません。

(参考)
食料・農業・農村政策審議会 畜産部会の資料はこちらで御覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/tikusan/index.html


<添付資料>
平成30年度畜産物価格(肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格)(PDF : 44KB)
平成31年度畜産物価格(PDF : 74KB)
平成31年度鶏卵の補塡基準価格及び安定基準価格(PDF : 57KB)

お問合せ先

(総交付対象数量並びに加工原料乳生産者補給金及び集送乳調整金の単価)
生産局畜産部牛乳乳製品課
担当者:菅野、井戸
代表:03-3502-8111(内線4932)
ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX番号:03-3506-9578

(肉用子牛の行政価格・鶏卵の基準価格)
生産局畜産部食肉鶏卵課
担当者:小原、中村
代表:03-3502-8111(内線4940)
ダイヤルイン:03-3502-5989
FAX番号:03-3503-2738

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader