ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の詳細について(畜産物関係)


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月17日

農林水産省

日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の詳細について(畜産物関係)

農林水産省は、本日、日豪EPA(経済連携協定)について、畜産物関係の詳細に関する資料を取りまとめました。

1. 概要

平成19年1月に交渉を開始し、全16回に及ぶ交渉会合が行われ、平成26年4月7日に日豪EPA(経済連携協定)交渉の大筋合意に至りました。本日、畜産物関係の大筋合意の詳細に関する資料を取りまとめました。 

2. 品目毎の内容

詳細は添付資料1(日豪EPA畜産物関係の合意内容)を御覧ください。 

3. その他

(1) 牛肉の関税削減及びプロセスチーズ原料用ナチュラルチーズの関税割当の毎年のスケジュール

詳細は添付資料2(牛肉の関税削減及びプロセスチーズ原料用ナチュラルチーズの関税割当の毎年のスケジュール)を御覧ください。

 

(2) 牛肉セーフガードの発動基準数量

初年度     冷凍  195,000トン    冷蔵  130,000トン (注)
  2年目     冷凍  196,700トン    冷蔵  131,700トン
  3年目     冷凍  198,300トン    冷蔵  133,300トン
  4年目     冷凍  200,000トン    冷蔵  135,000トン
  5年目     冷凍  201,700トン    冷蔵  136,700トン
  6年目     冷凍  203,300トン    冷蔵  138,300トン
  7年目     冷凍  205,000トン    冷蔵 140,000トン
  8年目     冷凍  206,700トン    冷蔵  141,700トン
  9年目     冷凍  208,300トン    冷蔵  143,300トン
10年目     冷凍210,000トン      冷蔵  145,000トン
(注)年度途中で協定発効となった場合は月割で計算。

 

(3) 日豪EPA協定発効後は、豪州産牛肉に対しては、現行の牛肉の関税の緊急措置(輸入量が対前年同期比117%超になった場合に関税を引き上げる措置)に代わり、日豪EPAに基づく新しい牛肉セーフガードが適用されます。

 

(4) 引き続き、協定確定等の作業を行っていきます。

 

 

お問い合わせ先

生産局畜産部食肉鶏卵課食肉需給対策室
担当者:食肉需給班春名、飯尾
代表:03-3502-8111(内線4944)
ダイヤルイン:03-3502-8473

(牛肉・豚肉・肉エキス・生きた牛)
生産局畜産部食肉鶏卵課
担当者:春名、飯尾
代表:03-3502-8181(内4944)
直通:03-3502-8473
FAX:03-3592-0009

(鶏肉・鶏卵・はちみつ)
生産局畜産部食肉鶏卵課
担当者:川原、蛯名
代表:03-3502-8181(内4942)
直通:03-3502-8473
FAX:03-3592-0009

(乳製品)
生産局畜産部牛乳乳製品課
担当者:上田、藤岡
代 表:03-3502-8181(内4930)
直 通:03-6744-2127
FAX:03-3506-9578

(競走馬)
生産局畜産部競馬監督課
担当者:小原、小野
代表:03-3502-8181(内4951)
直通:03-3502-5995
FAX:03-3502-3384

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図