このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成29年度畜産物価格等の決定等について

  • 印刷
平成28年12月16日
農林水産省

  農林水産省は、本日12月16日、食料・農業・農村政策審議会に対し、平成29年度畜産物価格について諮問を行い、その答申を受けました。
  これを踏まえ、平成29年度畜産物価格等を決定しました。

1.指定食肉の安定価格

豚肉

(安定上位価格)595円/kg (安定基準価格)440円/kg

牛肉

(安定上位価格)1,215円/kg (安定基準価格)900円/kg

2.指定肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格

                                                             (単位 : 円/頭)
                                       保証基準価格      合理化目標価格
黒毛和種                                339,000               282,000
褐毛和種                                309,000               259,000
その他の肉専用種                    221,000               150,000
乳用種                                   136,000                 93,000
交雑種                                   210,000               152,000

合理化目標価格の適用期間
  今回の合理化目標価格の適用期間は、平成29年4月1日から平成30年3月31日までとする。

3.加工原料乳生産者補給金単価及び交付対象数量 (※)

(補給金単価)10.56円/kg (交付対象数量)350万トン

※  なお、加工原料乳の補給金単価及び交付対象数量については、加工原料乳生産者補給金等
  暫定措置法施行令(昭和40年政令第338号)改正後に、食料・農業・農村政策審議会への諮問
  ・答申を経て決定することとしています。

4.鶏卵の補填基準価格及び安定基準価格 (※)

(補填基準価格)187円/kg (安定基準価格)165円/kg

※  なお、鶏卵の補填基準価格は、食料・農業・農村政策審議会へ諮問するものではありま
  せん。


(参考)
食料・農業・農村政策審議会畜産部会の資料はこちらで御覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/tikusan/index.html

<添付資料>
平成29年畜産物価格(PDF : 25KB)
平成29年度加工原料乳生産者補給金単価及び交付対象数量(PDF : 29KB)
平成29年度鶏卵の補填基準価格及び安定基準価格(PDF : 9KB)

お問合せ先

(指定食肉・肉用子牛の行政価格・鶏卵の基準価格)
生産局畜産部食肉鶏卵課

担当者:田中、中坪
代表:03-3502-8111(内線4940)
ダイヤルイン:03-3502-5989
FAX番号:03-3503-2738

(加工原料乳生産者補給金単価及び交付対象数量)
生産局畜産部牛乳乳製品課
担当者:三宅、林

代表:03-3502-8111(内線4932)
ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX番号:03-3506-9578