ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「平成23年度 飼料需給計画」の改定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月26日

農林水産省

「平成23年度 飼料需給計画」の改定について

農林水産省は、飼料需給安定法に基づき策定した「平成23年度 飼料需給計画」について、最近の飼料用小麦の需給動向の変化に鑑み、計画を改定しました。

「飼料需給計画」とは

国は、飼料の需給及び価格の安定を図るため、輸入飼料の買入、売渡等を行っています。

「飼料需給計画」は、「飼料需給安定法(昭和27年法律第356号)第3条の規定」に基づき、農林水産大臣が毎年定めるもので、この計画に基づき輸入飼料(大麦・小麦)の買入、売渡等が行われます。

平成23年度飼料需給計画の改定について

平成23年度飼料需給計画については、平成23年3月30日付けで策定・公表しましたが、当該計画策定後の飼料用小麦の需給動向の変化に鑑み、本日付けで次のように改定しました。

 

平成23年度飼料需給計画(飼料用大麦及び飼料用小麦)

(単位:千トン)

 

平成22年度末

保管数量

買入数量

売渡数量

平成23年度末

保管数量

大麦

0

1,410

1,410

0

小麦

0

430

(300)

430

(300)

0

0

1,840

(1,710)

1,840

(1,710)

0

注:(  )内は23年度当初の計画数量である。

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課飼料需給対策室
担当者:需給対策第2班 富田、池田
代表:03-3502-8111(内線4915)
ダイヤルイン:03-3591-6745
FAX:03-3502-8294

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図