ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「肉用牛繁殖技術シンポジウム」の開催及び参加者の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年8月11日

農林水産省

「肉用牛繁殖技術シンポジウム」の開催及び参加者の募集について

農林水産省は、平成27年9月29日(火曜日)に、星陵会館(東京都千代田区)において、「肉用牛繁殖技術シンポジウム」を開催します。

シンポジウムは公開です。カメラ撮影についても可能です。

1.概要

酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針等で示された畜産再興プランの緊急課題に対応すべき課題のひとつである繁殖雌牛の増頭については、具体的な増頭に向けた目標を設定し、地域の増頭の取組みを助長するとともに、新たな取組みにチャレンジすることにより、地域全体で繁殖基盤を強化していく必要があります。

その一環として、繁殖技術の改善・向上によって、全国の和子牛生産の拡大を図ることにより、繁殖基盤を確固たるものとすることを目的として、シンポジウムを開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成27年9月29日(火曜日)13時00分~16時45分(予定)

会場:星陵会館

所在地:東京都 千代田区 永田町2-16-2

3.プログラム(予定)

 1.挨拶

 2.基調講演

(公益社団法人全国和牛登録協会 会長理事 向井 文雄氏)

 3.講演

 (学校法人酪農学園 酪農学園大学 教授 堂地 修氏)

 (国立大学法人宮崎大学 教授 大澤 健司氏)

(有限会社シェパード中央家畜診療所 代表取締役 松本 大策氏)

4.事例発表

(岩手県一関農林振興センター 主査 吉田 登氏)

 (鹿児島きもつき農業協同組合 畜産関連事業部長 月精 悟氏)

5.講演者等と参加者との意見交換

繁殖雌牛の増頭に向けた繁殖成績の改善について、講演者及び事例発表者と参加者による意見交換を行います。

4.参加可能人数

380名

5.参加申込要領

(1)申込方法

FAX又は電子メールにて、以下の申込先に必要事項を記入の上、お申込みください。(電話でのお申込みは御遠慮願います。)

 

<必要事項>

ア 氏名(フリガナ)

イ 住所

ウ 電話番号

エ 電子メールアドレス

オ 所属(学校・企業・団体等)

 (注)複数名お申込みの場合も、お一人ずつの必要事項を記入してください。

 

<お申込先>

宛先:肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局(一般社団法人全国肉用牛振興基金協会内)

FAX:03-3288-0443

電子メールアドレス:shinko@nbafa.or.jp

 

(2)申込締切

先着順に募集予定人数(380名)になり次第、締め切ります。

また、お申込みいただいた方には、参加の可否をFAX又は電子メールで御連絡いたします。

なお、募集予定人数に達した場合は、下記、お問合せ先URLでお知らせいたします。

 

(3)お問合せ先

肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局(一般社団法人全国肉用牛振興基金協会内)

所在地:東京都 千代田区 紀尾井町3丁目27 剛堂会館ビル5階

電話:03-3234-2605

担当:武田

http://www.nbafa.or.jp/(外部リンク)

6.併設イベント

同日、同会場で「繁殖情報の見える化」を開催予定です。

シンポジウム参加者を対象とした最新の発情発見装置、超音波妊娠診断装置、分娩監視装置などの展示、実演によるPRイベントです。

        時間:10時30分~15時30分

7.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、一般参加者とは別に席を御用意いたしますので、5.参加申込要領のお問合せ先に御連絡ください。

当日は、受付で記者証等の身分証明書を提示いただきますので、あらかじめ御了承ください。

取材に関しては、事務局の指示に従っていただきますようお願いいたします。

 


お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課畜産技術室
担当者:技術第1班 菅谷、高村
代表:03-3502-8111(内線4923)
ダイヤルイン:03-6744-2587
FAX:03-3502-0887

一般社団法人全国肉用牛振興基金協会
(肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局)
担当:武田
電話:03-3234-2605
FAX:03-3288-0443

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図