ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「肉用牛繁殖技術シンポジウム~ICT等の新技術の活用~」の開催及び参加者の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年1月28日

農林水産省

「肉用牛繁殖技術シンポジウム~ICT等の新技術の活用~」の開催及び参加者の募集について

農林水産省は、平成28年2月23日(火曜日)に、農林水産省 7階 講堂において、「肉用牛繁殖技術シンポジウム~ICT等の新技術の活用~」を開催します。

本シンポジウムは公開です。カメラ撮影についても可能です。

1.概要

繁殖雌牛の増頭により、次世代の我が国の肉用牛生産の基礎を形作り、和牛生産の成長産業化を促進するため、ICT(情報通信技術)等の新技術を活用した生産構造への転換による競争力の強化を図る必要があります。

このため、ICT等の活用による地域における和牛生産の大規模化、分業化や省力化を推進し、軽労化や低コスト化によって、職業としての和牛生産の魅力を高めるには、生産者のみならず産業界を始め関係者が一体となった取組が重要です。

これらを実現するためのスタートアップとして、本シンポジウムを開催し、ICTを活用した先進事例の紹介を行うとともに、生産者や産業界を始め幅広い参加者による意見交換を行い、我が国の和牛生産基盤を強化する取組の推進を図っていきます。

2.開催日時及び場所

日時:平成28年2月23日(火曜日)13時15分~17時00分(予定)

会場:農林水産省 7階 講堂

所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.プログラム(予定)

(1)挨拶

(2)基調講演

「今、畜産技術者に求められるもの~10年後の和牛生産を見据えて~」

独立行政法人家畜改良センター 理事長 佐藤英明氏

(3)話題提供

(ア)「情報通信技術で可視化される和牛生産の今と未来」

株式会社富士通九州システムズ

未来社会問題ソリューション本部 ソーシャルソリューション部 高嶋秀光氏

宮崎県畜産試験場 主任研究員 鍋西 久氏

(イ)「協創による和牛生産の魅力向上の取組」

株式会社NTTドコモ

第一法人営業部担当部長 農業ICTプロジェクトチーム 上原 宏氏

全国農業協同組合連合会 畜産生産部 次長 神谷誠治氏

(ウ)「ICTを活用した効率的な和牛繁殖管理の取組」

鹿児島きもつき農業協同組合 代表理事常務 大村一朗氏

(4)関連事業説明

(5)講演者等と参加者との意見交換

繁殖基盤の強化に向けた発情発見装置や分娩監視装置等の活用、新たに求められる技術について、講演者及び話題提供者と参加者による意見交換を行います。

4.参加可能人数

400名程度(先着順)

5.参加申込要領

(1)申込方法

(2)申込締切

平成28年2月16日(火曜日)17時00分(必着)

(3)申込先

肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局(一般社団法人全国肉用牛振興基金協会内)

FAX:03-3288-0443

電子メールアドレス:shinko@nbafa.or.jp

希望者が多数の場合は、傍聴可能人数に達した時点で受付を締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承願います。

また、お申込みいただいた方には、参加の可否をFAX又は電子メールで御連絡いたします。

なお、募集予定人数に達した場合は、(4)のお問合せ先URLでお知らせします。

(4)お問合せ先

肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局(一般社団法人全国肉用牛振興基金協会内)

所在地:東京都千代田区紀尾井町3丁目27剛堂会館ビル5階

電話:03-3234-2605

担当:武田、大角、東郷、戸上

http://www.nbafa.or.jp/(外部リンク)

(5)傍聴する場合の留意事項

傍聴される方は、入庁時に受付で身分証明書を提示いただきます。

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらが守られない場合は、参加をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外に立ち入らないこと。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

会議中の発言に対する賛否の表明又は拍手

傍聴中の入退室(ただし、やむを得ない場合を除く。)

新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書

飲酒及び喫煙

(エ)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(オ)その他、事務局職員の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、上記の「5.の参加申込要領」に従い、お申込みください。その際、報道関係者である旨を必ず明記してください。

当日は受付で記者証等の身分証明書を提示していただきますので、あらかじめ御承知願います。

取材に当たっては、事務局職員の指示に従ってください。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産振興課畜産技術室
担当者:技術第1班 菅谷、高村
代表:03-3502-8111(内線4923)
ダイヤルイン:03-6744-2587
FAX:03-3502-0887

一般社団法人全国肉用牛振興基金協会
(肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局)
担当者:武田、大角、東郷、戸上
電話:03-3234-2605
FAX:03-3288-0443

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図