このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「飼料増産シンポジウム~国産濃厚飼料の可能性を探る~」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成29年3月13日
農林水産省
農林水産省は、一般社団法人日本草地畜産種子協会との共催で、平成29年4月13日(木曜日)、農林水産省7階講堂において、「飼料増産シンポジウム~国産濃厚飼料の可能性を探る~」を開催します。
シンポジウムは公開です。カメラ撮影も可能です。

1.概要

農林水産省は、平成27年3月に策定された「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」に即し、飼料自給率の向上のため、全国の関係機関等と連携し、「飼料増産運動」を進めてきたところです。
「飼料増産運動」の開始から3年目となる平成29年度においては、利用拡大の可能性がみえはじめた国産濃厚飼料の増産にも重点をおいて運動を進めることとし、全国の優良事例の発表等を行うシンポジウムを開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成29年4月13日(木曜日)14時00分~17時15分 (受付開始は13時00分から)
会場:農林水産省 7階 講堂
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.主催

農林水産省
一般社団法人日本草地畜産種子協会

4.シンポジウムの内容

(1)挨拶

(2)基調講演
「国産濃厚飼料の可能性を探る」  
 国立研究開発法人農業・食料産業技術総合研究機構 草地畜産研究所 畜産研究部門 飼料作物研究領域 栽培技術ユニット長 菅野 勉 氏(平成29年3月14日18時15分訂正)

(3)事例発表
(ア)「イアコーン生産による飼料自給率の向上」(北海道)
 有限会社ジェネシス美瑛 代表取締役 浦 敏男 氏

(イ)「子実とうもろこしの生産~国内自給を目指して~」(北海道)
 空知子実コーン生産者組合 組合長 柳原 孝二 氏

(ウ)「籾米サイレージ(稲SGS)の製造・販売」(山形県)
 真室川町農業協同組合 営農部営農販売課長補佐 丹 康之 氏

(エ)「食品残さなどの地域資源を活用した地域に根ざした肉用牛経営」(長崎県)
 花房牧場 代表理事 綾部 寿雄 氏

(4)一般社団法人 日本草地畜産種子協会からのお知らせ

5.参加可能人数

  200名程度

6.申込要領

申込方法

シンポジウムへ参加を希望される場合は、インターネット又はFAXにて、以下の申込先に、氏名、連絡先(電話番号、FAX番号又は電子メールアドレス)、勤務先・所属団体等を明記の上、お申込みください。
・なお、電話での御申込みは御遠慮ください。
・複数名お申込の場合もお一人ずつの記載事項をお書きください。
・車椅子の方、盲導犬、聴導犬又は介助犬を御連れの方は、その旨をお書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方の名前も併せてお書き添えください。
・お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

<インターネットによる申込先>
   https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/seisan/c_siryo/170413.html
    
<FAXによる申込先>
   FAX送付先:農林水産省 生産局 畜産部 飼料課 飼料生産計画班 宛て
   FAX番号:03-3580-0078

申込締切

平成29年4月6日(木曜日)17時00分まで。
先着順で、定員に達し次第締め切ります。なお、参加いただけない場合に限り、お申込みいただいた連絡先に御連絡いたします。

留意事項

シンポジウムへの参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらが守られない場合は、傍聴を御断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外に立ち入らないこと。
(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。
(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。
・発言者に対する賛否の表明又は拍手
・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。
・新聞、雑誌、その他議案に関連のない書類等の読書
・飲食及び喫煙
(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。
(オ)その他、事務局職員の指示に従うこと。

7.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、一般参加者とは別に席を用意しますので、上記6.申込要領に従い、手続きを行ってください。
取材に際しては、会場担当者の指示に従ってください。

8.参考

「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」
   http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/rakuniku_kihon_houshin.html

<添付資料>
・飼料増産シンポジウム~国産農耕飼料の可能性を探る~
飼料増産シンポジウム~国産濃厚飼料の可能性を探る~(PDF : 56KB)(平成29年3月14日18時15分訂正)
飼料増産シンポジウム参加申込書(PDF : 84KB)
飼料増産シンポジウム参加申込書(WORD : 34KB)

お問合せ先

生産局畜産部飼料課飼料生産計画班

担当者:大門、日髙
代表:03-3502-8111(内線4916)
ダイヤルイン:03-3502-5993
FAX番号:03-3580-0078

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader