ホーム > 報道発表資料 > 暑熱による畜産関係被害状況と技術指導の徹底について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年9月16日

農林水産省

暑熱による畜産関係被害状況と技術指導の徹底について

農林水産省は、本年7 月以降、全国的に気温が高い状況が続いていることから、7月以降の暑熱による畜産関係の被害状況について調査しましたので、その結果をお知らせします。

被害状況について

本年7月1日~ 8月31日における、全国の暑熱による家畜の死亡又は廃用頭羽数は下記のとおりです。
(1)乳用牛 1,747頭(20年度同期 885頭)

(2)肉用牛 388頭(20年度同期 307頭)

(3)豚 1,125頭(20年度同期 767頭)

(4)採卵鶏 221千羽(20年度同期 62千羽)

(5)ブロイラー 531千羽(20年度同期 187千羽)

(なお、昨年は、同時期の平均気温が北日本を中心に、平年を下回るなどしたため、調査は実施しておりません。)

技術指導の徹底について

既に技術指導として、「台風第4号の接近及び通過並びに高温等に対する技術指導の徹底について(8月11日付け)」、「家畜への暑熱に対する技術指導の再徹底について(9月1日付け)」、及び「台風第9号の接近及び通過並びに高温等に対する技術指導の徹底について(9月7日付け)」を各地方農政局等に発出し、家畜及び飼料作物に関する適切な高温対策が徹底されるよう通知しているところです。

(参考)これまでの技術指導に係るプレスリリースは以下のとおりです。

9月7日プレスリリース

「台風第9号の接近及び通過並びに高温等に対する技術指導の徹底について」

(URL:http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/100907.html)

9月3日プレスリリース

「暑熱による畜産関係被害状況と技術指導の徹底について」

(URL:http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_suisin/100903.html)

8月11日プレスリリース

「台風第4号の接近及び通過並びに高温等に対する技術指導の徹底について」

(URL:http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/100811.html)

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局畜産部畜産企画課畜産総合推進室
担当者:企画班 西端、上山
代表:03-3502-8111(内線4893)
ダイヤルイン:03-3501-1083
FAX:03-3501-1386

生産局畜産部畜産振興課畜産技術室
担当者:技術第1班 吉ざわ
代表:03-3502-8111(内線4924)
ダイヤルイン:03-6744-2276
FAX:03-3502-0887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図