このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年10月後半)について

  • 印刷
平成30年10月16日
農林水産省
農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年10月後半)について、主産地等から聞き取りを行いましたので、その結果を公表します。

1.概要

ここ数年、天候不順により野菜の価格変動が大きくなっている中で、野菜の生育状況や価格の見通しを情報発信するため、平成23年より、主産地、卸売会社、中間事業者等から聞き取りを行い、その結果を「野菜の生育状況及び価格見通しについて」(以下「価格見通し」という。)として、農林水産省ホームページに掲載しています。
今回、本年9月下旬から10月上旬にかけて相次いだ、台風による野菜の生育への影響等を把握する必要がありました。
このため、従来、価格見通しは、毎月月末を目途に翌月の見通しとして公表しておりますが、今回は、平成30年10月後半の見通しとして公表します。
なお、聞き取りを行った14品目の野菜の生育状況は、東京都中央卸売市場外において流通するものについても、同様の傾向です。
また、これまでの公表資料は、次のURL ページで公開しております。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/

2.現在の生育状況

(総論)

品目 現在の生育状況
根菜類
(だいこん及びにんじん)

だいこんは、台風第24号に伴う塩害が発生したため、生育の低下が見込まれる。
にんじんは、6月下旬から7月上旬にかけての長雨に加えて、7月中下旬の高温、干ばつに伴う生育の低下により、小ぶりとなっている。

葉茎菜類
(はくさい、キャベツ等)

はくさいは、9月の長雨により生育が遅延し、また、傷みが発生。
キャベツは、台風第24号に伴う塩害が発生したため、生育の低下が見込まれる。
ほうれんそうは、9月の日照不足に伴う生育の低下により、細身傾向。また、台風第24号により葉が損傷した。
ねぎの生育は平年並みであるものの、6月下旬から7月上旬にかけての長雨により、定植できなかったほ場があり、作付けが減少。
レタスは、9月の長雨により生育が遅延し、また、傷みが発生。加えて、台風第24号により葉が損傷し、生育が低下。

果菜類
(きゅうり、なす等)

果菜類は、9月の日照不足に伴い落花が発生し、着果不良となった。
なす及びトマトは、引き続き着果不良となっているものの、きゅうり及びピーマンは、天候の回復に伴い、生育は回復傾向。

土物類
(ばれいしょ、さといも
及びたまねぎ)

ばれいしょ及びたまねぎの収穫は終了しつつある。
さといもは、7月の高温、干ばつや台風第24号に伴う風害により、生育が低下。


3.今後の生育、出荷及び価格見通し

(各論)

品目 主産地
( )書きは29年
10月の入荷
シェア
今後の生育及び出荷見通し 10月後半
価格見通し
(平年(直近
5か年平均)比)
だいこん 北海道(32%)
青森(30%)

千葉(23%)

・  北海道及び青森県において、生育が平年並みであるものの、後続の産地である千葉県において、台風第24号に伴う塩害の発生により、生育の低下が見込まれるため、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。

高値水準で推移
にんじん 北海道(93%)

・  北海道において、6月下旬から7月上旬にかけての長雨に加えて、7月中下旬の高温、干ばつに伴う生育の低下により、小ぶりとなったため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  10月後半も、出荷数量が少ない状況続く見込み。

高値水準で推移
はくさい 長野(76%)
茨城(13%)

・  9月の長雨により、長野県において傷みが発生し、また、茨城県において、生育が遅延したため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  茨城県において、天候の回復に伴い、生育が回復傾向であるものの、長野県において、10月後半出荷数量が少ない状況続く見込み。

高値水準で推移
キャベツ 群馬(48%)
千葉(18
%)
茨城(16%)

・  群馬県及び茨城県において、生育が平年並みであるものの、千葉県において、台風第24号に伴う塩害の発生により、生育の低下が見込まれるため、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。

高値水準で推移
ほうれんそう 群馬(44%)
茨城(21%)
栃木(16%)

・  群馬県、茨城県及び栃木県において、9月の日照不足に伴う生育の低下により、細身傾向となり、また、台風第24号に伴う葉の損傷等が生じたため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  10月後半も、出荷数量が少ない状況続く見込み。

高値水準で推移
ねぎ 北海道(20%)
青森(20%)
秋田(15%)

・  青森県及び秋田県において、生育が平年並みであるものの、北海道において、6月下旬から7月上旬にかけての長雨により、定植できなかったほ場があり、作付けが減少。
   また、北海道において、10月上旬の降雨により、収穫作業が遅延。
   これらのことから、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  北海道において、10月後半出荷数量が少ない状況続く見込み。

高値水準で推移
レタス 茨城(56%)
長野(30%)

・  茨城県での9月の長雨に伴う生育遅延や、台風第24号に伴う葉の損傷に加えて、長野県での9月の長雨に伴う傷みの発生により、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。

高値水準で推移
きゅうり 埼玉(27%)
群馬(27%)
福島(15%)

・  群馬県及び福島県において、9月の日照不足に伴う落花の発生により、着果数量が減少したため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  群馬県において、天候の回復に伴い、生育は回復傾向
   また、後続の産地である埼玉県において、生育は平年並み
   これらのことから、10月後半出荷数量、価格ともに平年並みに戻る見込み。


平年並みに戻る
なす 高知(30%)
栃木(21%)
群馬(21%)

・  高知県、栃木県及び群馬県において、9月の日照不足に伴う落花の発生により、着果数量が減少したため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  高知県において、天候の回復に伴い、生育が回復傾向であるものの、栃木県及び群馬県において、10月後半出荷数量が少ない状況続く見込み。

高値水準で推移
トマト 千葉(20%)
福島(15%)
茨城(14%)

・  千葉及び茨城県において、9月の日照不足に伴う落花の発生により、着果数量が減少したため、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。

高値水準で推移
ピーマン 茨城(55%)
岩手(17%)

・  岩手県において、生育が平年並みであるものの、茨城県において、9月の日照不足に伴う落花の発生により、着果数量が減少したため、10月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。

・  茨城県において、天候の回復に伴い、生育が回復傾向であるため、10月後半出荷数量、価格ともに平年並みに戻る見込み。

平年並みに戻る
ばれいしょ 北海道(98%)

・  出荷数量、価格に平年並み推移する見込み。

平年並みで推移
さといも 埼玉(51%)
千葉(26%)

・  埼玉県において、生育が平年並みであるものの、千葉において、7月の高温、干ばつ台風第24号に伴う風害等より生育が低下し、小玉での出荷が見込まれるため、出荷数量は平年を下回り、価格はを上回る見込み。

高値水準で推移
たまねぎ 北海道(95%)

・  出荷数量、価格に平年並み推移する見込み。

平年並みで推移

注:「平年並み」とは、平年との比率が80%以上、120%未満であることを示している。

<添付資料>
  東京都中央卸売市場における指定野菜の価格の平年比(PDF : 50KB)


お問合せ先

生産局園芸作物課

担当者:朝倉、坂田
代表:03-3502-8111(内線4822)
ダイヤルイン:03-3502-5961
FAX番号:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader