ホーム > 報道発表資料 > 平成19年度地産地消優良活動表彰の審査結果及び地産地消活動勉強会の会場変更について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年2月22日

農林水産省

平成19年度地産地消優良活動表彰の審査結果及び地産地消活動勉強会の会場変更について

平成19年度地産地消優良活動表彰の審査結果及び地産地消活動勉強会の会場変更についてお知らせします。

趣旨

「地産地消」の取組は、消費者に生産者と「顔が見え、話ができる」関係で地域の農産物を購入する機会を提供するとともに、高齢者や小規模農家に所得機会を創出するなど、地域農業や関連産業の活性化に貢献するものであり、農林水産省としても、全国展開を積極的に進めているところです。
こうした地産地消の取組を推進するためには、各地域での優れた取組について情報共有を図ることが重要であり、平成17年度から「地産地消優良活動表彰」を実施しています。この度、平成19年度の表彰の審査が終了し、8団体の優良な取組を表彰することが決定しましたので審査結果を公表いたします。
なお、表彰式は、2月28日(木)に行われる「全国地産地消フォーラム2008」の中で行う予定です。

地産地消優良活動表彰の審査結果について

1.応募状況・審査結果

平成19年7月から10月の間に応募のあった団体のうち、都道府県、地方農政局を通じて財団法人日本特産農産物協会に推薦された29団体について、地産地消推進活動支援委員会による厳正な審査の結果、農林水産大臣賞2点、全国地産地消推進協議会長賞1点、各局長及び長官賞5点が決定されました。

 

2.審査委員会(地産地消推進活動支援委員会)

審査委員長:小泉浩郎(山崎農業研究所事務局長)

審査委員:斉尾恭子(愛国学園短期大学講師)

  牛島正美(全国町村会経済農林部長)

  後沢昭範((社)農林水産先端技術産業振興センター理事)

  千原信彦(元日本農業新聞論説委員)

  二木季男(長野県・埼玉県農業大学校非常勤講師)

  山本和子(農業マーケティング研究所所長)

  吉田正一(JA甘楽富岡車両施設事業本部次長)

 

3.表彰受賞者

優良活動表彰受賞者については以下のとおりです。 

受賞者名
大臣賞(地域振興部門) 農事組合法人旬の味ほりがね物産センター組合
大臣賞(交流促進部門) 農事組合法人かなん
特別賞(協議会長賞) 都賀町学校給食地産地消推進会議
水産庁長官賞 窪津漁業協同組合
経営局長賞 農事組合法人いさわ産直センターあじさい
農村振興局長賞 農事組合法人小田原産直組合
生産局長賞 羊蹄山麓味覚フェスタ実行委員会
生産局長賞 農事組合法人そよかぜ館

 

4.表彰式

2月28日午後1時から農林水産省7階講堂で開催される「全国地産地消推進フォーラム2008」において、表彰の授賞式を行います。フォーラムの開催案内については下記HP をご覧下さい。

http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/gijutu/080201.html

地産地消活動勉強会の会場変更について

2月29日に開催を予定している地産地消優良活動勉強会の会場につきましては、参加希望者が多数のため、会場を三番町共用会議所に変更させていただきます。会場の案内図につきましては、下記HPをご覧下さい。

http://www.jfa.maff.go.jp/3banmap.html

 

お問い合わせ先

生産局生産技術課 
担当者:地産地消企画班  渡邊、大江
代表:03-3502-8111(内線4728)
ダイヤルイン:03-6744-2107
FAX:03-3597-0142

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図