ホーム > 報道発表資料 > 平成20年度第1回地産地消活動勉強会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年5月22日

農林水産省

平成20年度第1回地産地消活動勉強会の開催について

平成20年6月5日(木曜日)14時から、農林水産省三番町共用会議所において、地産地消活動に関する勉強会を開催します。勉強会は公開です。また、勉強会中の撮影も可能です。

趣旨

農林水産省では、各地域の地産地消の取組の更なる発展に資することを目的として、生産者、実需者、消費者、有識者、行政など地産地消関係者が地産地消の現在の取組や今後の課題等について共に学び、意見交換を行う地産地消勉強会を開催しています。

今回は、平成20年度第1回として、学校給食における地場農産物の活用を課題として勉強会を開催します。学校給食法の改正などが検討され、学校給食における地場農産物の活用が今後の課題となる中で、先進的な取組事例の報告等を聞き、『学校給食に対して地場農産物を安定的に供給する体制づくりをどのように進めるか』を主要テーマとして勉強会を開催します。

開催日時・場所等

地産地消活動勉強会

1.開催日時:平成20年6月5日(木曜日) 14時~17時

2.会場: 東京都千代田区九段南2-1-5  農林水産省三番町共用会議所

3.内容:(1)学校給食をめぐる情勢及び課題

[1]学校給食法の改正について
文部科学省学校健康教育課健康教育企画室長  井上恵嗣氏

[2]学校給食への支援活動を踏まえた地産地消の今後の課題について
農業・農村マーケティング研究所長  二木季男氏

(2)学校給食における地場農産物活用の取組事例

[1]農家と栄養士との直接の調整による地場農産物の供給
日野市まちづくり部産業振興課農産係長  高橋稔氏

[2]JAがコーディネーターとなった地場農産物の供給
株式会社JAシンセラ常務  佐々木廣氏

[3]直売所を活用した地場農産物の供給
君津市農業協同組合指導販売課長  根岸稔氏

(3)学校給食への地場農産物の供給ポイント(仮称)について

4.参加申込先:農林水産省生産局生産技術課
※会場へのアクセスについては、以下、HPをご覧ください。
http://www.jfa.maff.go.jp/3banmap.html

その他

参加申込みにつきましては、別添ファイルの申込書に必要事項をご記入いただき、29日(木)までに、農林水産省生産局生産技術課あて(FAX 03-3597-0142)に送付ください。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局生産技術課 
担当者:坂田、藤原
代表:03-3502-8111(内線4728)
ダイヤルイン:03-6744-2435
FAX:03-3597-0142

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図