ホーム > 報道発表資料 > クールアース・デーには地産地消を考えてみましょう ~食と農からのクールアース~


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年7月1日

農林水産省

クールアース・デーには地産地消を考えてみましょう ~食と農からのクールアース~

クールアース・デーについては、地球温暖化について考え、行動する日として、北海道洞爺湖サミットの初日となる7月7日と決定されたところですが、農林水産省では、クールアース・デーを契機に、地域で生産されたものを地域で消費する地産地消の一層の推進を図ることとしましたので、お知らせいたします。

地産地消の取組は、消費者に地域の農産物を購入する機会を提供し、農業者と消費者をつなぐことにより、食料自給率の向上や地域農業の活性化に資するとともに、食品の輸送距離を縮め、輸送に伴う二酸化炭素の排出の縮減にも寄与することが期待されます(別紙参照)。

農林水産省では、本日付で地方公共団体のほか、全国農業協同組合中央会、社団法人日本経済団体連合会、流通業、小売業、外食産業などの関係団体に対して依頼文書を発出し、生産者、学校、食品事業者などの関係者のご協力を頂きながら、クールアース・デーを中心に、(ア)直売所等で地産地消の取組を改めてPRする、(イ)学校給食、社員食堂、小売店等において地場農産物やこれを利用したメニュー等を積極的に紹介するなど可能な範囲で取り組んで頂き、国民の皆さんが家庭、学校、職場など様々な場面で地産地消を考える機会としたいと考えております。

農林水産省では、クールアース・デーを契機に、国民的な運動として地産地消の一層の推進を図り、食と農からのクールアースを推進する取組を進めて参ります。

 

お問い合わせ先

生産局生産技術課
担当者:地産地消企画班 高橋
    地産地消計画班 坂田
      生産専門官 佐藤
代表:03-3502-8111(内線4728、4773)
ダイヤルイン:03-6744-2107
FAX:03-3597-0142

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図