ホーム > 報道発表資料 > 第3回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年1月15日

農林水産省

第3回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会の開催について

平成22年1月22日(金曜日)13 時30分から「第3回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」を中央合同庁舎4号館1219号室において開催します。会議は公開です。なお、会議冒頭のカメラ撮りは可能です。

また、当該会議資料は、会議終了後にホームページで公開いたします。

1.概要

農業生産工程管理(GAP)の一層の推進を目指し、我が国におけるGAPの共通の基盤となる標準的なGAP の作成に必要な検討を行うため、「第3回農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」を開催します。

これまでの当検討会の議事概要等については、次のURLでご覧になれます。
また、今回の会議資料は、会議終了後に同URLで公開いたします。

(参考)第1回 平成21年8月5日、第2回 平成21年9月29日
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_kaigi/index.html

2.開催日時・場所

(1) 日時:平成22 年1 月22 日(金曜日)13 時30 分~(2 時間程度)

(2) 場所:中央合同庁舎4 号館1219号室(東京都千代田区霞ヶ関3-1-1)

3.予定議題

(1)農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤に関する諸事項の整理について

(2)その他

4.傍聴について

傍聴を希望される方は、次の項目を記載の上、FAX にてお問い合わせ先担当者までお申し込みください(電話でのお申し込みはご遠慮ください)。

(1) 申し込み締切日は、1 月20 日(水曜日)12 時(必着)です。

(2) 申込者多数の場合は抽選を行います。

(3) 傍聴の可否については、1 月21 日(木曜日)17 時までに連絡いたします。

(傍聴される皆様への留意事項)

(1) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2) 携帯電話、ポケットベル等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3) 傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(4) 銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5) その他、事務局職員の指示に従うこと。

5.報道関係者の取材について

本会議は、報道関係者の取材が可能です。取材を希望される報道関係者は事前に登録が必要となりますので、FAX にて一般の方と同様にお申し込みください(電話は不可)。

注)農業生産工程管理(GAP)とは、食品安全や環境保全等の観点から定められる点検項目に沿って、農作業を記録・点検・評価し、次の農作業や経営の改善に結びつけていく手法。

お問い合わせ先

生産局技術普及課
担当者:新技術企画班・中島、森田
代表:03-3502-8111(内線4728)
ダイヤルイン:03-6744-2435
FAX:03-3597-0142

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図