ホーム > 報道発表資料 > 「第6回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月9日

農林水産省

「第6回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」の開催及び一般傍聴について

平成23年2月16日(水曜日)15時から「第6回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」を中央合同庁舎4号館において開催します。会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1.概要

農業生産工程管理(GAP)※については、昨年4月に高度な取組内容を含むGAPの共通基盤として、野菜、米、麦について「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」を策定しました。

この度、他作物についてもガイドラインの検討を行うため、「農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」を開催します。
(参考)過去の検討会概要及び策定済みのガイドラインについてはこちらからご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_kaigi/index.html

http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/guideline/index.html

※農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。  

2.開催日時及び開催場所

(1)日時:平成23年2月16日(水曜日)15時~17時

(2)場所:中央合同庁舎4号館 1219号室(12階)(東京都 千代田区 霞ヶ関3-1-1) 

3.傍聴について

傍聴可能人数は60名を予定しております。傍聴を希望される方は、ファックス又はインターネットにてお申し込み下さい(電話でのお申し込みはご遠慮ください)。
申し込み締切日時は、2月14日(月曜日)12時00分必着です。
申込者多数の場合は抽選を行います。傍聴の可否については、2月15日(火曜日)12時00分までに事務局より連絡させて頂きます。

ファックス送付先

  • 03-3597-0142 生産局 技術普及課 新技術企画班 宛

インターネット

  • https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/edb8.html

記載事項 
その他の記載事項として、「第6 回 農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会」の傍聴である旨、傍聴者希望者の氏名(ふりがな)、電話番号、FAX 番号、勤務先・所属団体等を御記入下さい。

(傍聴される皆様への留意事項)

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話、ポケットベル等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5)その他、事務局職員の指示に従うこと。 

4.報道関係者の取材について

本会議は、報道関係者の取材が可能です。取材を希望される報道関係者は事前に登録が必要となりますので、FAX にて一般の方と同様にお申し込みください(電話でのお申し込みはご遠慮下さい。)。また、会議当日は、受付で記者証を確認させていただきますので、御承知置き下さい。

 

お問い合わせ先

生産局技術普及課
担当者:新技術企画班 森、森田
代表:03-3502-8111(内線4728)
ダイヤルイン:03-6744-2435
FAX:03-3597-0142

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図