このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」の策定について

  • 印刷
平成29年4月21日
農林水産省
環境省

農林水産省及び環境省は、特定外来生物であるセイヨウオオマルハナバチから在来種マルハナバチへの転換を推進するため、「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を取りまとめましたのでお知らせします。

内容


トマト等の授粉に用いられるセイヨウオオマルハナバチについては、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成16年法律第78号)に基づき、平成18年に特定外来生物に指定され、飼養等における一定の規制や、在来種による代替種の開発及びその利用が進められています。しかしながら、代替種がまだ開発されていない地域があることや、代替種を自然分布域外で利用した場合の生態系への影響が懸念されるといった課題がありました。

このため、農林水産省及び環境省は、セイヨウオオマルハナバチの利用を縮小させつつ、クロマルハナバチ等の代替種利用による生態系への影響を最小限にすることを目的とし、現時点での科学的知見等を用いたリスク評価を行うとともに、専門の学識経験者を有する者に意見聴取を行い、在来種マルハナバチへの転換に係る利用方針案を作成し、平成29年2月28日(火曜日)から3月29日(水曜日)まで意見募集(パブリックコメント)を実施しました。

このたび、意見募集の結果も踏まえ、「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を取りまとめました(資料1)。
意見募集の結果は別添のとおりです(資料2)。

今後、農林水産省及び環境省は、本利用方針に基づき、セイヨウオオマルハナバチから在来種マルハナバチへの転換を進めていきます。

(参考)セイヨウオオマルハナバチの代替種利用方針検討委員会の会議資料等(平成29年2月20日開催)
http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/seiyou.html(外部リンク)
(環境省ホームページへリンク)

<添付資料>
(資料1)セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針(PDF : 1,235KB)
(資料2)セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針案に関する意見募集の実施結果について(PDF : 136KB)

お問合せ先

生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

担当者:清水、西堀
代表:03-3502-8111(内線4828)
ダイヤルイン:03-3593-6496
FAX番号:03-3502-0889