ホーム > 報道発表資料 > 「エコファーマー」の認定状況(平成22年3月末現在)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年7月27日

農林水産省

「エコファーマー」の認定状況(平成22年3月末現在)について

農林水産省は、平成22年3月末現在の「エコファーマー」の認定状況を取りまとめましたのでお知らせします。 

「エコファーマー」の概要

「エコファーマー」とは、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、都道府県知事から、たい肥等による土づくりと化学肥料や化学合成農薬の使用の低減を一体的に行う農業生産方式を導入する計画について認定を受けた農業者の愛称です。

「エコファーマー」になると、認定を受けた導入計画に基づき持続性の高い農産方式を導入する場合に農業改良資金の特例措置が受けられる等のメリットがあります。

エコファーマーや環境保全型農業については、農林水産省ホームページ(http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/hozen_type/index.html)をご参照下さい。

「エコファーマー」の認定状況

平成22年3月末現在の全国の「エコファーマー」の認定件数は、196,692件です。

地域別の内訳としては、多い順から、東北の58,535件、関東の42,362件、九州の34,190件となっています。

平成21年3月末と比べ、全体で10,717件増加しました。

都道府県別の状況では、認定件数が一番多いのは福島県で19,553件、次いで新潟県の14,436件、山形県の10,013件となっています。

また、取組1位作物別の認定件数の割合では、水稲が40.7%、野菜(果菜類)が18.9%、果樹が18.5%等となっています。
(取組1位作物とは、認定を受けた作物のうち最も面積の大きい作物のことです。)

詳しくは添付資料をご参照下さい。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農業環境対策課
担当者:調査指導班 多田、戸嶋
代表:03-3502-8111(内線4840)
ダイヤルイン:03-6744-2114
FAX:03-3502-0869

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図