ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「培土中の放射性セシウム測定のための検査方法」の制定及び土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年9月1日

農林水産省

「培土中の放射性セシウム測定のための検査方法」の制定及び土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いについて

農林水産省は、「培土中の放射性セシウム測定のための検査方法」及び土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いを定めました。

概要

先般、「放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について」(平成23年8月1日付け農林水産省消費・安全局長、生産局長、林野庁長官及び水産庁長官連名通知)により、土壌改良資材・培土等に関する放射性セシウムの暫定許容値を定めたところです。

これに関連して、培土中の放射性セシウムの暫定許容値への適合性を判断するための検査が的確かつ適正に進められるよう、都道府県や業界団体等へ検査方法等を通知しました。

主な内容

本件通知の主な内容は以下のとおりです。詳しい内容については添付資料をご覧ください。

1.培土の検査方法等について

(ア)培土の検査の対象は以下のとおりとします。

・17都県※に所在する培土製造所

・17都県※で採取・製造された原料を使用した培土製造所

 ※空間放射線量率が平常時の範囲(小数点以下第2位を四捨五入して0.1μSv/h以下となる範囲)を超えたことがある17都県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県及び静岡県)

 

(イ)3月11日以前に採取されたものなど、放射性セシウム濃度が低いことが明らかな原料を使用して、放射性セシウムが混入しないよう製造・保管されていた培土については、検査を不要とします。

 

(ウ)培土の検査結果や検査を不要とした理由などについて、製造者から農林水産省に報告をいただくこととします。

2.土壌改良資材の取扱いについて

(ア)泥炭、腐植酸質資材、ゼオライト等については、原料や製造工程の性質等を踏まえ、当面、検査を不要とします。

(イ)土壌改良資材として用いられる落ち葉、剪定枝等の有機質資材を土壌改良資材として利用する場合については、培土の検査方法に準じて検査を実施して下さい。

(ウ)なお、17都県においては、これら有機質資材において高い放射性セシウム濃度がみられるので、新たな生産・出荷及び施用を控えて下さい。


お問い合わせ先

(培土に関する事項)
生産局農産部技術普及課生産資材対策室
資材効率利用推進班 伊藤、宮内
代表:03-3502-8111(内線4774)
ダイヤルイン:03-6744-2111
FAX:03-3597-0142

(土壌改良資材に関する事項)
生産局農産部農業環境対策課
土壌環境保全班 羽石、寺澤
代表:03-3502-8111(内線4762)
ダイヤルイン:03-3502-5956
FAX:03-3502-0869

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図