ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成25年度 環境保全型農業直接支援対策の取組状況(見込み)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年3月13日

農林水産省

平成25年度 環境保全型農業直接支援対策の取組状況(見込み)について

農林水産省は、本日、平成26年1月末時点における平成25年度 環境保全型農業直接支援対策の取組状況(見込み)を取りまとめました。

環境保全型農業直接支援対策の取組状況(見込み)

化学肥料及び化学合成農薬を原則5割以上低減する取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動を支援しています。この対策について、取組件数は15,980件、取組面積は55,656haが見込まれます。

環境保全効果の高い営農活動への推進として、昨年まで一部道県で行っていた「堆肥の施用」を平成25年度から全国的な取組としたことにより、取組面積は11,764haとなり、昨年度の1,012haから10,752haの大幅増加となりました。

また、「カバークロップ」(緑肥)の取組についても、取組面積は12,944haとなり、昨年度と比べて2,212ha増加しました。

都道府県別の取組状況等の詳しい情報は、添付資料を御参照ください。

 

(参考)

環境保全型農業直接支援対策の内容につきましては、農林水産省ホームページ(http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/kakyou_chokubarai/mainp.html)を御参照ください。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部農業環境対策課
担当者:環境直接支払班 西脇、新津
代表:03-3502-8111(内線4748)
ダイヤルイン:03-6744-0499
FAX:03-3502-0869

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図