ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 第3回「GAP戦略協議会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年3月17日

農林水産省

第3回「GAP戦略協議会」の開催について

農林水産省は、平成28 年3 月22 日(火曜日)に、農林水産省 共用第3 会議室において、第3 回「GAP 戦略協議会」を開催します。
この会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

安全でよりよい農産物を持続的に生産・供給していくためには、農業者自らが農業生産の持続的な改善活動である農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)の実践を通じて、食品の安全性の確保、環境の保全、農作業安全対策に継続的に取り組むことが重要です。
現在、先進的な農業者によりGAP の活用が進められているものの、未だ一部の農業者の取組に留まっています。また、我が国農業者がGAP に取り組むことを通じて、海外の小売企業等が求める農産物の取引基準を満たすことは、我が国農産物の輸出拡大にも寄与します。
このため、GAP に関する課題解決に向けた意見交換等を実施するため、農業者、GAP 運営者、流通・小売業者、学識経験者等をメンバーとした「GAP 戦略協議会」を平成27 年3 月に設置したところであり、今般、第3 回協議会を開催します。
なお、今回の会議資料及び議事概要は、会議終了後に下記URL ページで公開いたします。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_kaigi/index.html

2.開催日時及び場所

日時:平成28 年3 月22 日(火曜日)10 時00 分~12 時00 分
会場:農林水産省 北別館8 階 共用第3 会議室(ドアNO.北803)
所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.議題

  1. 「GLOBALG.A.P.の認証取得促進に向けた作業部会」及び「我が国発の国際規格策定に向けた対応に関する作業部会」における検討状況の報告について
  2.  「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に則したGAP の普及について
  3. その他

4.留意事項

本会議は非公開のため、一般傍聴はできません。
報道関係者におかれましては、会議は非公開ですが、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
当日は、受付で記者証等の身分証を御提示していただきますので、あらかじめ御承知願います。そのほか、担当者の指示に従ってください。

お問い合わせ先

生産局農業環境対策課
担当者:生産工程管理班 渡邊、飯野
代表:03-3502-8111(内線4852)
ダイヤルイン:03-6744-7188
FAX:03-3502-0869

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図