ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の詳細について(農産物関係)


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月18日

農林水産省

日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の詳細について(農産物関係)

農林水産省は、本日、日豪EPA(経済連携協定)について、農産物関係の詳細に関する資料を取りまとめました。

1. 概要

平成19年1月に交渉を開始し、全16回に及ぶ交渉会合が行われ、平成26年4月7日に日豪EPA(経済連携協定)交渉の大筋合意に至りました。本日、農産物関係の大筋合意の詳細に関する資料を取りまとめました。

2. 品目毎の内容

(1) 米

・関税撤廃等の対象から除外

 

(2) 小麦

・食糧用:将来の見直し

・飼料用:食糧用への横流れ防止措置を講じた上で民間貿易に移行し無税化

 

(3) 砂糖

・一般粗糖、精製糖:将来の見直し

・高糖度粗糖:精製糖製造用について一般粗糖と同様に無税とし、調整金水準は糖度に応じた水準に設定

 

(4) その他の品目

 ・詳細は添付資料1及び添付資料2を御覧ください。

3. その他

引き続き、協定確定等の作業を行っていきます。

お問い合わせ先

生産局総務課国際室
担当者:瀬尾、尾原
代表:03-3502-8111(内線4714)
ダイヤルイン:03-3502-5940
FAX:03-3597-7752

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図