ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成27年産米の都道府県別の生産数量目標等について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月28日

農林水産省

平成27年産米の都道府県別の生産数量目標等について

農林水産省は、平成27年産米の都道府県別の生産数量目標等について、平成26年11月28日(金曜日)に開催した「食料・農業・農村政策審議会 食糧部会」で了承された考え方に基づき設定しました。

概要

1. 平成27年産米の都道府県別の生産数量目標

   全国の平成27年産米の生産数量目標は、751万トン(面積換算すると142万ha)に決定しました。
   都道府県別の生産数量目標については、従来から、全国の生産数量目標を基に各都道府県ごとの過去6年(20/21年~25/26年)の需要実績中、中庸4年分の平均値のシェアで算出することを基本としており、平成27年産米についても、この方式により設定しました。
   各都道府県ごとの需要実績の算出に当たっては、これまでと同様、米の需給調整への取組等に対する配慮として、作付面積が生産数量目標(面積換算値)を下回った実績や都道府県間調整による生産数量目標の減少のほか、過去政府に売り渡され備蓄米となっている数量について、各都道府県の需要実績の算定上、一定の配慮を行いました。
   また、東日本大震災に伴う都道府県間調整については、生産数量目標の増加又は減少の要因とならないよう、各都道府県の需要実績の算定上、一定の配慮を行いました。

 

2. 平成27年産米の都道府県別の自主的取組参考値

   平成27年産米については、生産数量目標の設定に併せ、仮にこれだけ生産すれば、平成28年6月末の民間在庫が過去の平均水準(199万トン)に近づくこととなるものとして、全国の自主的取組参考値739万トンを設定しました。
   都道府県別の自主的取組参考値については、全国の自主的取組参考値を基に、上記1の方式により設定しました。

   各都道府県の生産数量目標及び自主的取組参考値については、別添資料を御参照ください。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部穀物課水田農業対策室
担当者:常葉、海老原
代表:03-3502-8111(内線4778)
ダイヤルイン:03-6744-7135
FAX:03-6744-2523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図