ホーム > 報道発表資料 > キャベツの緊急需給調整の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年9月11日

農林水産省

キャベツの緊急需給調整の実施について

農林水産省は、全国農業協同組合連合会等から、キャベツの卸売価格の著しい低落に対処するための緊急需給調整(市場隔離)の実施に係る届出を受理しましたのでお知らせします。

概要

キャベツについては、全国的に豊作基調にあり、8月中旬以降入荷量が増加しており、各地の生育状況から今後更に増加することが見込まれています。一方、キャベツの卸売価格は7月中旬以降、平年を2~3割下回る価格で推移してきましたが、更なる価格下落の動きが先週末以降生じております。

こうした事態を踏まえ、全国農業協同組合連合会及び個人生産者(2名)から、緊急需給調整(市場隔離)を実施する旨の届出がありましたので、その概要をお知らせします(別紙参照)。

産地では原油高騰に伴い生産・流通コストが増大しており、生産者の経営は更に深刻な状況となっています。野菜の再生産を確保し、今後とも野菜の安定供給を担っていくためには、このような緊急需給調整の実施がやむを得ないことを御理解下さいますようお願いいたします。

なお、農林水産省及び独立行政法人農畜産業振興機構では、涼しい夏の野菜料理の提案による消費拡大キャンペーンの実施(平成20年7月1日プレスリリース)、JAグループの消費拡大緊急キャンペーンへの全面的な協賛・協力(平成20年8月19日プレスリリース)、消費者団体を含む関係者で構成する野菜需給協議会の開催等野菜の需給状況の周知や消費拡大に向けた取り組みを進めております。

今後とも、品質の良い野菜を消費者の皆様に安定的に供給できるよう努めて参りますので、御理解と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

参考(関連リンク)

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局生産流通振興課 
担当者:富山、淺浦、林
代表:03-3502-8111(内線4822)
ダイヤルイン:03-3502-5961
FAX:03-3502-0889

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図