ホーム > 報道発表資料 > りんごに係る「緊急需給調整特別対策事業」の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年11月27日

農林水産省

りんごに係る「緊急需給調整特別対策事業」の実施について

農林水産省は、全国果実生産出荷安定協議会から、りんごの卸売価格の低落に対処するための緊急需給調整特別対策事業の発動に係る協議を受け、これを承認しましたので、お知らせします。

概要

本年産のりんごに関しては、11月中旬まで平年を1割程度上回る出荷量となっていること、また、消費の伸び悩み等を背景として、流通在庫も多く残っていることから、卸売価格は近年でも最も低い水準となっています。

今後、11月下旬以降についても、引き続き出荷量が多い状況が見込まれるとともに、流通在庫の増加も予想されることから、更なる卸売価格の下落が予想されます。

このため、今後、出荷の最盛期を迎える主力品種の「ふじ」等の価格低下を防止する観点から、りんごの出荷団体である全国果実生産出荷安定協議会より、緊急需給調整特別対策事業の実施に関し、当省に対して協議がありました。

農林水産省としては、本事業の実施により出荷量が抑制されることで、需給均衡が図られるとともに、流通量の減少も見込まれ、卸売価格の更なる低下が防止されるとの判断から、発動を承認いたしました。

事業実施協議の内容は以下のとおりです。

 

当該事業の実施内容

事業内容:生食用果実の一部を市場隔離(加工原料用仕向け及び出荷調整)

実施期間:11月28日(土曜日)から12月7日(月曜日)までの販売分

実施数量:実施期間の出荷計画数量の10%程度(約1,300トン)

対象果実:低品位(変形果等)、1箱(10kg)46玉以下の小玉果実

本事業の窓口:全国果実生産出荷安定協議会(電話:03-6271-8198  担当  岡村)

 

お問い合わせ先

生産局生産流通振興課
担当者:需給調整第2班  秋葉、林田
代表:03-3502-8111(内線4793)
ダイヤルイン:03-3502-5957
FAX:03-3502-0889

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図