ホーム > 報道発表資料 > 野菜の供給確保について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年4月16日

農林水産省

野菜の供給確保について

農林水産省は、最近の野菜の高値傾向を踏まえ、野菜の供給確保に向けて生産出荷団体に対して出荷の前倒し等の要請を行いましたのでお知らせします。

概要

最近の野菜価格は、キャベツ及びはくさい等の産地が切り替わる端境期であること並びに本年2月、3月の低温及び日照不足等の影響により、高値が続いております。


こうした中、今月も日照時間の少ない状態が続き、気温も平年より低くなる可能性があるため、野菜の生育が遅れることにより価格が引き続き高値で推移することが懸念されており、4月13日に技術指導を行ったところです。

 

このため、野菜の供給量及び価格の安定を図ることが喫緊の課題となっており、引き続き野菜の価格が高値で推移することが懸念されるため、生産出荷団体に対して出荷の前倒しや規格外品などの野菜の出荷促進が図られるよう要請を行いました。

 

お問い合わせ先

生産局生産流通振興課
担当者:需給調整第1班 富山、栗山
代表:03-3502-8111(内線4822)
ダイヤルイン:03-3502-5961
FAX:03-3502-0889

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図