ホーム > 報道発表資料 > 平成23年産のさとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年12月17日

農林水産省

平成23年産のさとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について

農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、平成23年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価を決定しました。

1.制度の概要

農林水産省では、砂糖及びでん粉の内外価格差を調整するため、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、安価な輸入品から徴収した調整金を主たる財源として、国産品の生産者及び製造業者に対し、生産・製造コストと販売額との差額相当の交付金を交付する価格調整制度を実施しています。
同法に基づき、翌年産の甘味資源作物及びでん粉原料用いもの生産者に対する交付金の単価について、それぞれ、毎年12月31日までに告示することとされております。
今回、平成23年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価を以下のとおり決定しました。

2.生産者交付金の単価

(1)平成23年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価等

交付金単価:16,000円/トン(※)[対前年:-320円]

基準糖度帯:13.2~14.4度[前年:13.1~14.3度]

(※糖度が13.2度を0.1度下回るごとに-100円、14.4度を0.1度上回るごとに+100円。)

交付対象数量:長期的視点に立って検討

 

(2)平成23年産のでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価
指定地域 品種 単価
宮崎県及び鹿児島県の区域

アリアケイモ、九州159号、コガネセンガン、コナホマレ、サツマアカ、サツマスターチ、シロサツマ、シロユタカ、ダイチノユメ、ハイスターチ及びミナミユタカ

26,000円/トン

[対前年:+40円]

その他の品種

23,410円/トン

[対前年:-740円]

 

3.今後の予定

お問い合わせ先

生産局生産流通振興課
担当者:甘味資源作物交付金関係:土地利用第3班 阿部、村松/でん粉原料用いも交付金関係:加工第2班 後藤、鈴木
代表:03-3502-8111(内線4842)
ダイヤルイン:03-3501-3814
FAX:03-3593-2608

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図