ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > うんしゅうみかんに係る「緊急需給調整特別対策事業」の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年10月19日

農林水産省

うんしゅうみかんに係る「緊急需給調整特別対策事業」の実施について

農林水産省は、全国果実生産出荷安定協議会から、うんしゅうみかんの卸売価格の低落に対処するための緊急需給調整特別対策事業の実施に係る協議を受け、本日、これを承認しました。

1.概要

 本年産の極早生(ごくわせ)みかんについては、10月上旬までで前年の3割以上を上回る出荷量となっていること、また、今夏の高温少雨により小玉(S~2S)の比率が高くなっていることから、この時期としては、流通在庫が極めて多くなり、卸売市場価格は3年ぶりの低い水準となっています。

 こうした中、みかんの生産出荷団体である全国果実生産出荷安定協議会から、極早生みかんの価格の安定を図り、11月から出荷が始まる早生みかんへの影響を防ぐため、緊急需給調整特別対策事業を実施し、小玉等の生食用果実を加工用に仕向けることにより出荷量の抑制を図るべく、農林水産省に対して協議がありました。

 農林水産省としては、出荷量が抑制されることで需給均衡が図られるとともに、卸売価格の更なる低下が防止されることが期待できることから、緊急需給調整特別対策事業の実施を承認しました。

2.緊急需給調整特別対策事業の内容

県 名

実行数量(トン)

和歌山県
広島県
山口県
香川県
愛媛県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県

400 
120 
30 
70 
350 
300 
500 
480 
600 
150 

合 計

3,000 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部園芸作物課
担当者:需給調整第2班 宮本、宇佐美
代表:03-3502-8111(内線4793)
ダイヤルイン:03-3502-5957
FAX:03-3502-0889

全国果実生産出荷安定協議会
担当者:岸本
TEL:03-5492-5421

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図