ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「次世代施設園芸セミナー」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年7月9日

農林水産省

「次世代施設園芸セミナー」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、平成26年7月23日(水曜日)に、東京ビッグサイトにおいて、「次世代施設園芸セミナー」を開催します。

本セミナーは公開です。また、カメラ撮影も可能です。

1.概要

「次世代施設園芸セミナー」は、日本最大級の植物工場の展示会である「施設園芸・植物工場展(GPEC)」初日の催事として、林農林水産大臣出席のもと開催します。

次世代施設園芸を全国に展開していくには、民間企業や生産者、地方自治体等の協力体制の下で構築した技術や販路等のノウハウを、周りに広げていく取組が重要なポイントです。
このため、今回のセミナーでは、次世代施設園芸の全国展開に向け、経済界から農業界まで幅広い参加者から意見を聴取し、今後の施策へ反映させる場とします。

 

2.開催日時及び場所

日時:平成26年7月23日(水曜日)10時30分~12時00分

会場:東京ビッグサイト東4ホール内セミナー会場A

(施設園芸・植物工場展(GPEC)の併催行事として開催)

所在地:東京都 江東区 有明3-11-1

 

3.参加者

民間企業、農業団体、地方自治体

 

4.内容

(1)挨拶

       農政問題委員会共同委員長    十倉  雅和  氏

(2)特別講演

       「島耕作、なぜ今農業か?」

(3)講演

       農政問題委員会企画部会長

       カゴメ株式会社常勤顧問          佐野  泰三  氏

       「施設野菜の新たな需要創出へ」

       「大規模施設園芸の可能性と課題」

(4)次世代施設園芸施策説明

       次世代施設園芸推進グループリーダー    井川  義孝

(5)次世代施設園芸拠点の取組紹介

       宮城県農林水産部技監兼次長(技術担当)  寺田  守彦  氏

(6)その他

5.傍聴可能人数 

250名程度(当日受付は、50名程度)

6.傍聴申込要領

(1)申込方法

傍聴を希望される方は、下記の施設園芸・植物工場展(GPEC)のホームページから、事前来場登録を行ってください。事前来場登録をいただいた上で、登録完了画面のプリントアウト等と名刺をお持ちいただきますと、入場料(1,000円・税込)が無料になります。

http://www.gpec.jp/

なお、施設園芸・植物工場展(GPEC)のホームページ上での本セミナーの受付は終了しておりますが、これとは別に当日受付を行いますので、セミナー当日に、直接セミナー会場へお越しください。
満席の場合は立ち見になる可能性がありますのであらかじめ御了承ください。

(2)傍聴に当たっての留意事項

傍聴に当たっては、以下の事項を遵守してください。これらを守られない場合には、傍聴をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外には立ち入らないこと。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(ウ)セミナー中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。

(エ)その他、司会及び事務局の指示に従うこと。

7.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される場合は、別紙取材申込様式に、御名前(ふりがな)、所属(勤務先・所属団体等)、役職(部署、役職等)、御連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス)を記入の上、7月16日(水曜日)までに以下の番号にFAXでお申込みください。

FAX番号:03-3502-0889 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部園芸作物課花き産業・施設園芸振興室
担当者:川合、土佐、亀谷
代表:03-3502-8111(内線4828)
ダイヤルイン:03-3593-6496
FAX:03-3502-0889

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図