ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 野菜の生育状況及び価格見通し(平成26年9月後半)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年9月17日

農林水産省

野菜の生育状況及び価格見通し(平成26年9月後半)について

農林水産省は、東京都中央卸売市場における野菜の生育状況及び価格見通し(平成26年9月後半)について、主産県及び卸売会社から聞き取りを行いましたので、その結果を公表します。

概要

ここ数年天候不順により、野菜の価格変動が大きくなっている中で、野菜の生育状況や価格見通しを情報発信するため、平成23年より、主産県及び卸売会社から聞き取りを行い、その結果を農林水産省ホームページに掲載しています。

通常、月始めに月1回の公表していますが、8月中旬以降の日照不足等により、野菜の高値が継続しているため、平成26年9月後半の野菜の生育状況及び価格見通しについて、関係者から聞き取りを行いましたので、その結果を次のとおり公表します。

なお、これまでの公表資料は、次のURLページで公開しております。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/

現在の生育状況

(総論)

  品目

現在の生育状況

根菜類

(だいこん、にんじん)

生育は、概ね順調。

葉茎菜類

(はくさい、キャベツ等)

ほうれんそう、ねぎ等の生育は概ね順調。

キャベツ、レタスは9月に入ってからも、日照不足や平年よりも低い気温が続いているため、生育が遅れており、小玉傾向

果菜類

(きゅうり、なす等)

トマト、ピーマンの生育は概ね順調である一方、きゅうり、なすは、9月に入ってからも日照不足や平年よりも低い気温の状況が続いており、生育遅延

土物類

(ばれいしょ、さといも、たまねぎ)

生育は、概ね順調。

さといもは、8月上旬の大雨により、品質低下病害発生

 

ただし、関東甲信地方では、9月21日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり低くなる予報(平成26年9月16日14時30分気象庁発表)がなされていることから、今後の気温の推移によっては、関東甲信地方を主産県とする葉菜類、果菜類では、平年を上回る価格が続くことが懸念。

 

今後の生育及び出荷、価格見通し

  【表の見方】 高い:平年より高い水準 平年並み:平年並の水準 低い:平年より低い水準

(各論)

品目

主産県

( )書きは

昨年9月の入荷シェア

今後の生育及び出荷見通し

価格見通し

(平年比)

9月

後半

だいこん

北海道(59%)

青森(35%)

  • 生育は概ね順調であり、9月末までには、出荷数量、価格ともに概ね平年並になる見込み。

平年並み

にんじん

北海道(97%)

  • 生育は概ね順調であり、出荷数量、価格ともに、引き続き概ね平年並で推移する見込み。

平年並み

はくさい

長野(90%)

北海道(5%)

  • 9月に入ってからも、日照不足や平年よりも低い気温が続いているものの、適度な降雨で、生育の遅れは解消されつつあることから、8月前半から続いた高値水準は解消に向かい、9月末までには、出荷数量、価格ともに概ね平年並に回復する見込み。

平年並み

キャベツ

群馬(77%)

岩手(14%)

  • 9月に入ってからも、日照不足や平年よりも低い気温が続いているため、生育が遅れており、小玉傾向となっていることから、9月後半も引き続き、出荷数量が平年を下回るため、価格は平年を上回る見込み。

高い

ほうれんそう

群馬(30%)

栃木(23%)

  • 9月に入ってからは、日照不足や平年よりも低い気温による生育の遅れは解消されつつあることから、9月後半は、出荷数量、価格ともに概ね平年並に回復する見込み。
  • ただし、ほうれんそうは、特に降雨や低温などの気象変化の影響を敏感に受けやすい品目であるため、今後の気象によっては、9月後半も価格は平年を上回る可能性も懸念。

平年並み

ねぎ

青森(28%)

北海道(16%)

  • 生育は概ね順調であり、出荷数量、価格ともに、引き続き概ね平年並で推移する見込み。

平年並み

レタス

長野(85%)

群馬(9%)

  • 9月に入ってからも、日照不足や平年よりも低い気温が続いているため、生育が遅れており、小玉傾向となっていることから、9月後半も引き続き、出荷数量が平年を下回るため、価格は平年を上回る見込み。

高い

きゅうり

福島(29%)

群馬(12%)

  • 後続の関東産地からの出荷に切り替わる中で、8月中旬以降の日照不足等で、生育遅延していること、2月の大雪による栽培用ハウスの倒壊の影響で作付が減少していること等から、9月後半も引き続き、出荷数量が平年を下回るため、価格は平年を上回る見込み。

高い

なす

栃木(32%)

茨城(24%)

  • 9月に入ってからも、主産地において、日照不足や平年よりも低い気温が続いているため、生育が回復していないことから、9月後半も引き続き、出荷数量が平年を下回るため、価格は平年を上回る見込み。

高い

トマト

青森(17%)

福島(17%)

  • 8月上中旬の大雨、日照不足等により一部の東北産地で生育が遅れているものの、他の産地の生育は概ね順調であることから、引き続き、安定した出荷数量が確保され、価格は概ね平年並で推移する見込み。

平年並み

ピーマン

茨城(36%)

岩手(30%)

  • 9月に入ってからは、日照不足や平年よりも低い気温による生育の遅れは解消されつつあることから、8月後半から続いた高値水準は解消に向かい、9月末までには、出荷数量、価格ともに概ね平年並に回復する見込み。

平年並み

ばれいしょ

北海道(94%)

青森(5%)

  • 生育は概ね順調であり、出荷数量、価格ともに概ね平年並になる見込み。

平年並み

さといも

千葉(63%)

宮崎(17%)

  • 一部産地において、8月上旬の大雨により、品質低下や病害が発生してきていることから、9月後半は、出荷数量が平年を下回るため、価格は平年を上回る見込み。 

高い

たまねぎ

北海道(87%)

  • 生育は概ね順調であり、出荷数量、価格ともに概ね平年並になる見込み。
  • ただし、海外産たまねぎの輸入動向によっては、価格は平年を上回る可能性。

平年並み

 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部園芸作物課
担当者:阿部、坂東
代表:03-3502-8111(内線4822)
ダイヤルイン:03-3502-5961
FAX:03-3502-0889

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図