ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を実施するための基本的な指針」の改正について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年6月29日

農林水産省

「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を実施するための基本的な指針」の改正について

農林水産省は、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(平成19年法律第134号)に基づく「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を実施するための基本的な指針」を改正し、平成24年6月30日から施行することとしました。

背景及び目的

鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(平成19年法律第134号)の規定に基づき、農林水産大臣は、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を総合的かつ効果的に実施するための基本的な指針を定めるとともに、市町村は、これに即して被害防止計画を定めるものとされています。
このたび、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律の一部を改正する法律(平成24年法律第10号)が6月30日に施行(一部規定を除く。)されることに伴い、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を実施するための基本的な指針(平成20年農林水産省告示第254号。以下「基本指針」という。)について、改正を行うこととしました。

基本指針の改正のポイント

基本指針の改正に当たっては、現行の基本指針を基礎としつつ、今後の施策推進上、力点を置くべき事項として、

等を記載するとともに、法改正を踏まえた所要の見直しを行っております。
詳細については、添付資料(基本指針の改正の概要及び本文)を参照願います。
なお、基本指針改正の概要及び本文につきましては、以下のURLからもご覧いただけます。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/index.html

お問い合わせ先

生産局農産部農業環境対策課鳥獣災害対策室
担当者:鳥獣災害対策企画班 田代、濱屋敷
代表:03-3502-8111(内線4772)
ダイヤルイン:03-3591-4958

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図