ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 全国の野生鳥獣による農作物被害状況について(平成24年度)


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年2月14日

農林水産省

全国の野生鳥獣による農作物被害状況について(平成24年度)

農林水産省は、平成24年度の野生鳥獣による農作物被害状況について、全国の被害状況を取りまとめました。

被害状況の概況

  1. 鳥獣による平成24年度の農作物被害については、被害金額が230億円で前年度 に比べ3億円増加(対前年1%増)、被害面積が9万7千haで前年度に比べ6千ha減少(対前年6%減)、被害量が70万tで前年度に比べ1万3千t減少(対前年2%減)しています。
  2. 主要な獣種別の被害金額については、シカが82億円で前年度に比べ5千万円減少(対前年1%減)、イノシシが62億円で前年度に比べ1千万円減少(対前年0.2%減)、サルが15億円で前年度に比べ7千万円減少(対前年4%減)しています。
  3. 一方、木の実の結実状況や気象の変化等が要因で、ヒヨドリが7億円で前年度に比べ3億円増加(対前年96%増)、ネズミが7億円で前年度に比べ4億円増加(対前年142%増)したこと等により、被害金額が増加しています。

 

お問い合わせ先

生産局農産部農業環境対策課鳥獣災害対策室
担当者:松下、宮﨑
代表:03-3502-8111(内線4772)
ダイヤルイン:03-3591-4958
FAX:03-3502-0869

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図