ホーム > 報道発表資料 > 戸別所得補償モデル対策の加入申請状況(確定値)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月28日

農林水産省

戸別所得補償モデル対策の加入申請状況(確定値)について

農林水産省は、戸別所得補償モデル対策の全国の加入申請状況(確定値)をとりまとめましたのでお知らせします。

概要

1. 加入申請件数

戸別所得補償モデル対策の加入申請件数は、1,330,233件となっており、内訳は個人加入が1,317,055件、法人加入が5,897件、集落営農組織加入が7,281件となっています。

2. 加入申請面積

(1) 米戸別所得補償モデル事業(主食用米):1,152,339ha

(2) 水田利活用自給力向上事業

  • 麦:166,560ha
  • 大豆:115,476ha
  • 飼料作物(WCSを除く):97,708ha
  • 米粉用米:4,961ha
  • 飼料用米:14,914ha
  • バイオ燃料用米:397ha
  • WCS用稲:15,971ha
  • そば:31,908ha
  • なたね:919ha
  • 加工用米:38,943ha
  • その他作物:159,752ha

3. 各都道府県の申請件数、申請面積及び参考データについては、添付資料を参照下さい。

 

お問い合わせ先

生産局農業生産支援課
担当者:堺田、皆川
代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191
FAX:03-6744-2523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図