このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「平成30年春の農作業安全確認運動」の実施及び「平成30年春の農作業安全確認運動推進会議」の開催について

  • 印刷
平成30年2月6日
農林水産省
農林水産省は、農作業死亡事故を減少させるため、3月から5月までを農作業安全対策の重点期間として、平成30年春の農作業安全確認運動を実施します。
また、本運動の開始に当たり、平成30年2月13日(火曜日)に農林水産省 本館7階 講堂で平成30年春の農作業安全確認運動推進会議を開催します。
会議は公開です。また、カメラ撮影も可能です。

1.概要

農林水産省は、毎年350件前後発生している農作業死亡事故を減少させるため、3月から5月までを農作業安全対策の重点期間として、平成30年春の農作業安全確認運動を実施します。
本運動の開始に当たり、平成30年2月13日(火曜日)に、関係団体が一堂に会し、農作業安全対策の情報交換を行うとともに、運動の連携強化及び効果的な推進を図るため、平成30年春の農作業安全確認運動推進会議を開催します。

2.平成30年春の農作業安全確認運動について

実施期間

平成30年3月1日(木曜日)から平成30年5月31日(木曜日)まで

重点推進テーマ

まずはワンチェック、ワンアクションで農作業安全

運動の展開方向

農作業安全確認運動が全国で一体となって推進されるよう、重点推進テーマを設定し、運動の浸透・充実を図ります。
平成30年の運動については、GAP(農業生産工程管理)の周知を通じた現場の改善活動、農業者への安全確保の声かけ・注意喚起等の農作業事故防止対策の取組を推進します。
「平成30年春の農作業安全確認運動の実施」及び「平成30年春の農作業安全確認運動の展開」の詳細については、添付資料を御覧ください。

農作業安全ステッカー

行政機関、農業機械メーカー、生産団体など運動参加団体を通じて農業者に50万枚配布します。
農作業安全ステッカー画像

農作業安全推進ブロック会議等

各地域における関係者間の連携や情報共有を促進するため、以下の日程でブロック会議等が開催されます。
取材の申込み等、詳細については、各ブロックの担当地方農政局等にお問い合わせください。
日時 ブロック 会場 担当
2月20日(火曜日)13時30分~ 北海道ブロック
※北海道農作業安全運動推進本部主催
北海道農業団体健康保険組合北農健保会館大会議室(332・333)(札幌市中央区北4条西7丁目1-4) 北海道農政事務所生産経営産業部生産支援課 中村、足立
(直通)011-330-8807
2月22日(木曜日)
13時30分~
東北ブロック 仙台合同庁舎B棟2階共用第二会議室(仙台市青葉区本町3丁目3-1 東北農政局生産部生産技術環境課 小栁
(直通)022-221-6214
2月23日(金曜日)
13時30分~
関東ブロック さいたま新都心合同庁舎2号館5階共用中研修室5B(さいたま市中央区新都心2番地1) 関東農政局生産部生産技術環境課 武田
(直通)048-740-0448
3月5日(月曜日)
(調整中)
北陸ブロック 北陸農政局共用大会議室(金沢市広坂2丁目2番60号金沢広坂合同庁舎) 北陸農政局生産部生産技術環境課 上羅
(直通)076-232-4893
2月27日(火曜日)
14時00分~
東海ブロック 東海農政局第1・2会議室(名古屋市中区三の丸1-2-2) 東海農政局生産部生産技術環境課 堀
(直通)052-746-1313
2月27日(火曜日)
13時30分~
近畿ブロック 近畿農政局第1会議室(本館1階)(京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町 近畿農政局生産部生産技術環境課 空田
(直通)075-414-9722
3月7日(水曜日)
14時00分~
中国四国ブロック 中国四国農政局10階第10AB会議室岡山市北区下石井1丁目4-1) 中国四国農政局生産部生産技術環境課 酒井
(直通)086-230-4249
2月26日(月曜日)
13時15分~
九州・沖縄ブロック 熊本地方合同庁舎A棟10階農政局第7会議室(熊本市西区春日2丁目10-1 九州農政局生産部生産技術環境課 川越
(直通)096-300-6270

3.平成30年春の農作業安全確認運動推進会議について

開催日時及び場所

日時:平成30年2月13日(火曜日)13時30分~15時30分
会場:農林水産省 本館7階 講堂
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

議題

1. 農作業安全対策について
2. 取組事例講演(GAP関連)
3. 農作業安全関係団体からの情報提供
4. 意見交換

参集者

農業、農業機械、安全研究等の関係団体

傍聴可能人数

50 名程度

傍聴申込要領

(1)申込方法
傍聴を希望する方は、インターネット又はFAXにて、以下のお申込先に、「平成30年春の農作業安全確認運動推進会議」の傍聴を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御職業、御連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記の上、お申込みください。(電話でのお申込みは御遠慮願います。)
車椅子の方、盲導犬、聴導犬又は介助犬をお連れの方は、その旨をお書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書き添えください。
複数名お申込みの場合も、お一人ずつの記載事項をお書きください。
なお、応募によって得られた個人情報は厳重に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。
<インターネットによるお申込先>
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/seisan/sizai/180206.html
<FAXによるお申込先>
FAX送付先:農林水産省生産局技術普及課生産資材対策室安全指導班 宛て
FAX番号:03-3597-0142
(2)申込締切
平成30年2月8日(木曜日)15時00分必着(先着順)
傍聴いただけない場合には2月8日(木曜日)19時00分までに御連絡いたします。なお、傍聴可能な方には御連絡いたしません。
(3)傍聴する場合の留意事項
傍聴される方は、入館時に受付で身分証明書を提示いただきます。
傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。
(ウ)傍聴中は静寂を旨とし、以下の行為を慎むこと。
出席者等の発言に対する賛否の表明又は拍手
傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオカメラ、IC レコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
新聞、雑誌その他議案に関連のない書籍等の読書
飲食及び喫煙
(エ)銃砲刀剣類その他危険な物を持ち込まないこと。
(オ)その他、事務局の指示に従うこと。

報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方には、一般傍聴とは別に席を御用意しますので、御申込みの際に報道関係者である旨を御記載ください。ただし、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その場合は御容赦ください。
また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示いただきますので、あらかじめ御了承ください。

<別添資料>

お問合せ先

生産局技術普及課生産資材対策室

担当者:安全指導班 細田、大塚
代表:03-3502-8111(内線4773)
ダイヤルイン:03-6744-2182
FAX番号:03-3597-0142

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader