このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「薬用作物の産地化に向けたシンポジウム」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成31年1月10日
農林水産省
農林水産省は、平成31年1月30日(水曜日)に農林水産省講堂において、「薬用作物の産地化に向けたシンポジウム」を開催します。
本会議は公開です。カメラ撮影も可能です。

1.概要

薬用作物は、漢方薬の原料として、国内需要の拡大が見込まれるとともに、中山間地域等の活性化に貢献する作物として期待されていることから、農林水産省では、関係機関や団体等と連携し、生産者側と実需者側とのマッチング、栽培技術指導者の育成、各種情報の発信等を実施し、各地域における産地化の取組を促進しているところです。このような取組の一環として、要望の多かった産地事例紹介や、国内生産拡大に向けた栽培技術の開発等の紹介、意見交換を行います。

2.開催日時及び場所

日時:平成31年1月30日(水曜日)13時30分~17時00分(13時開場※会場後方で薬用作物に関する展示も行っております)
会場:農林水産省 7階 講堂
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.議事

1.漢方薬の国内需要動向と中国の状況
2.補助事業による薬用作物の産地化に向けた取組状況
3.薬用作物の栽培技術の開発について
4.行政・産地の取組事例紹介
(1)長野県薬草生産振興組合(長野県)
(2)加美町薬用植物研究会(宮城県)
(3)高浜町(福井県)
(4)あさぎり薬草合同会社(熊本県)
5.意見交換(質疑応答を含む)

4.参加可能人数

約200名程度

5.参加申込要領 ※参加申込は受付終了いたしました。

(1)申込方法
インターネット又はFAX(別添参加申込FAX様式)にて、以下のお申込先に御氏名(ふりがな)、所属(勤務先・所属団体等)、役職(部署、役職等)、御連絡先(電話番号、メールアドレス)、当日配布する名簿への掲載の可否を御記入の上、お申込みください。

(注1)電話でのお申込みは御遠慮願います。
(注2)複数名お申込みの場合も、お一人ずつ記載事項を記入ください。
(注3)薬用作物は各種情報が少なく、その収集も難しいため、情報共有や交換に資する観点から、当日配布する名簿への掲載可能な方の所属・団体等、役職、氏名、電話番号を掲載し、参加者名簿を配付する予定です。

<インターネットによるお申込先>
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/seisan/tokusan/181207yakuyou.html

<FAXによるお申込先>
FAX送信先:農林水産省 生産局 地域対策官付 地域作物第3班 宛て
FAX番号:03-3502-4133

(2)申込締切
平成31年1月18日(金曜日)必着

(3)参加に当たっての留意事項
参加される方は、入館時に受付で入館手続が必要になりますので、身分証明書を御持参ください。
なお、駐車スペースはございませんので、お車での御来場はお控えください。
また、参加に当たっては、次の留意事項を遵守してください。
 (ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
 (イ)携帯電話等の電源は必ず切って参加すること。
 (ウ)会議中は以下の行為を慎むこと。
   ・会議中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
   ・新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
   ・飲食及び喫煙
 (エ)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
 (オ)その他、事務局職員の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方も、上記の「参加申込要領」に従い、インターネット又はFAXにより、お申込みください。
その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。
なお、事前に参加のお申込みがなかった場合、お席を用意できないことがありますので御容赦願います。
また、当日は受付にて記者証等の身分証を御提示していただきますので、あらかじめ御承知願います。

添付資料

シンポジウム参加申込書(EXCEL : 247KB)
シンポジウム概要(PDF : 399KB)

お問合せ先

生産局地域対策官

担当者:地域作物第3班 市橋、中村
代表:03-3502-8111(内線4845)
ダイヤルイン:03-6744-2117
FAX番号:03-3502-4133

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader