このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「国際種子検査協会(ISTA)2018年次総会」の開催について

  • 印刷
平成30年6月11日
農林水産省
平成30年6月11日(月曜日)から6月14日(木曜日)まで、札幌市において「国際種子検査協会の2018年次総会」が開催されます。
6月11日から6月13日の委員会は非公開です。6月14日の本会合は公開でカメラ撮影は可能です。

1.概要

「国際種子検査協会」は種子の取引きを円滑にするため、種子検査方法の国際標準の策定及び国際的な普及を目的として1924年に設立された国際団体(本部:スイス、加盟国83ヶ国)です。日本は農林水産省が代表となり1953年に加盟しています。
同協会の総会は加盟国で持ち回り開催されており、日本での開催は初めてとなります。総会では発芽や病害等種子検査に係る各委員会からの報告及び種子検査方法のルール改定についての採決が行われる予定です。

2.開催日程及び場所

日時:平成30年6月11日(月曜日)~6月14日(木曜日)
       委員会:平成30年6月11日(月曜日)~6月13日(水曜日)
       本会合:平成30年6月14日(木曜日)8時30分~17時00分

会場:ホテルエミシア札幌 3階 Palace West

所在地:札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25

留意事項

6月11日から6月13日の委員会は非公開です。
6月14日の本会合は公開です。カメラ撮影は可能です。
取材に関する申込みや詳細のお問合せは、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 種苗管理センター種苗検査課TEL029-838-6585(担当:石川)まで事前にお願いします。
取材に当たっては現地担当者の指示に従ってください。
都合により予定が変更されることがありますので、あらかじめ御了知願います。

お問合せ先

食料産業局知的財産課

担当者:阿辺、中井
代表:03-3502-8111(内線4288)
ダイヤルイン:03-6738-6443
FAX番号:03-3502-5301