ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 第3回 「2015年ミラノ国際博覧会 日本館基本計画策定委員会」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年12月14日

農林水産省

第3回 「2015年ミラノ国際博覧会 日本館基本計画策定委員会」の開催及び一般傍聴について

農林水産省、経済産業省及び独立行政法人 日本貿易振興機構は、平成24年12月19日(水曜日)、独立行政法人 日本貿易振興機構において第3回 「2015年ミラノ国際博覧会 日本館基本計画策定委員会」を開催します。

本委員会は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.開催概要

2015年ミラノ国際博覧会の日本館出展については、公式参加機関である独立行政法人 日本貿易振興機構下に「2015年ミラノ国際博覧会 日本館基本計画策定委員会」を設置し、日本館出展のための基本計画の策定を進めております。

この度、その第3回委員会を以下のとおり開催することといたしました。

これまでの当委員会の会議資料等については、次のURLでご覧になれます。また、今回の会議資料及び議事内容も、会議終了後に同URLにて公開します。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/index.html

 

2.開催日時及び場所

日時:平成24年12月19日(水曜日)10時00分~12時00分

会場:独立行政法人 日本貿易振興機構 5階 展示場

所在地:東京都 港区 赤坂1-12-32

3.主な議事内容

(1)委員からのプレゼン

(2)基本計画についての討議

(3)その他

 

4.傍聴可能人数

20名程度

(会場の安全確保上から、定員を大幅に上回る場合は、抽選となる場合があります。)

5.傍聴申込要領

(1)申込方法

独立行政法人 日本貿易振興機構のウェブサイトよりお申込みください。

http://www.jetro.go.jp/news/announcement/20121214249-news

(2)申込締切

平成24年12月18日(火曜日)12時00分必着です。 

(3)抽選の実施

会場の安全確保の上から、定員を大幅に上回る場合は、抽選になる場合があります。
抽選になる場合には、傍聴の可否を平成24年12月18日(火曜日)までに独立行政法人  日本貿易振興機構事務局から御連絡いたします。

(4)傍聴する場合の留意事項

傍聴にあたり、次の留意事項を順守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(ア)独立行政法人 日本貿易振興機構事務局(以下「事務局」という。)の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

委員等の発言に対する賛否の表明又は拍手

傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)

会場においてのカメラ(ただし、報道関係者の冒頭のカメラ撮影を除く。)、テープレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用

新聞、雑誌その他議案に関連ない書類等の読書

喫煙

(エ)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(オ)その他、事務局の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、上記の「傍聴申込要領」に従いお申込ください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

当日は受付で記者証等の身分証明書を提示いただきますので、あらかじめ御了承願います。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

食料産業局食品小売サービス課外食産業室
担当者:松嶋、四ヶ所(しかしょ)、亀沖
代表:03-3502-8111(内線4150)
ダイヤルイン:03-3502-8267
FAX:03-3502-0614

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図