このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「食かけるプライズ」の募集及び「食かけるフォーラム」の開催について

  • 印刷
令和元年6月11日
農林水産省
農林水産省は、訪日中の食に関わる体験を海外での日本食・食品の需要拡大につなげるための枠組みを構築する「食かけるプロジェクト」を開始します。
その一環として、国内の食が絡んだ多様な体験事例を募集・表彰する「食かけるプライズ」を実施します。
また、令和元年6月28日(金曜日)に「食かけるフォーラム」を開催します。
本フォーラムは公開で、写真撮影も可能です。

1.概要

農林水産省は、訪日中に食に関わる体験をした外国人が帰国後も日本の食を再体験できるような環境整備を図り、日本産農林水産物・食品の輸出拡大につなげていく「食かけるプロジェクト」を開始します。
本プロジェクトでは、国内の食と旅・歴史等を組み合わせた体験事例を全国各地から募集・選定し(食かけるプライズ)、それらを訪日外国人に情報発信し、そのような食に関わる体験をした訪日外国人が帰国後も日本の食を再体験できる環境整備を実施します。
また、本プロジェクトに参画する機運の醸成を目的として、「食かけるフォーラム」を開催します。

2.「食かけるプライズ」の実施について

(1)趣旨

日本には単に食べるだけではなく、食×エンタメ、食×アート、食×スポーツ、食×テクノロジー、食×歴史など、食を通じて出会い、知り、深く共感できるような「食体験」がたくさんあります。
この度、それらの食体験を募集し、集まった事例から素晴らしいアイデアを選定し、日本の食の魅力を訪日外国人に発信することを目的に「食かけるプライズ」を開催します。

(2)応募期間

令和元年6月11日(火曜日)~令和元年8月4日(日曜日)

(3)賞

  • 食かける大賞(1社)
  • 食かける賞(10社程度)
  • ネクストブレイク賞(これから羽ばたく可能性のある食体験へ贈る賞)(3社程度)
  • DREAM賞(大学生や高校生によるフレッシュなアイデアへ贈る賞)(3チーム程度)

(4)受賞メリット(副賞)

受賞した「食体験」には以下の副賞を予定しています(受賞した賞の種類及び体験事例の内容によっては該当しないものもあります。)。
  • 東京都内で実施する表彰式や関係者向け交流会へ御招待
  • 訪日前、訪日中の外国人へ向けた情報発信
  • トリップアドバイザーなど予約可能な販売サイトへの掲載
  • 体験コンテンツの動画制作(1分程度/本)
  • 商品化するための専門家の派遣、メンタリングの開催

(5)応募対象

これまでに食体験を商品化(販売)又はファムトリップ等で提供したことがある事業者、高校生や大学生

(6)応募方法

本プロジェクト公式サイトにある「専用応募フォーム」から応募ください。
公式サイトURL:https://www.eatmeetjapan.jp(外部リンク)
  • 写真及び動画(1分以内)
  • 表題(20文字以内)と体験事例の説明(50文字~200字以内)
  • 会社名又は団体名、担当者名、住所、電話番号、メールアドレス

(7)選考基準と選考方法

〈選考基準〉
  • 「食×〇〇」と説明できるような食と何かが絡んだ体験事例であるか。
  • 訪日観光客が体験したくなるような魅力のある内容であるか。
  • 日本食の食文化が世界へ効果的に伝えられる内容であるか。
〈選考方法〉
応募のあった体験事例から上記基準により選考します。
選考に当たり、本プロジェクト事務局による1次審査を通過された方には、審査委員による2次審査があります。1次審査を通過された方には本プロジェクト事務局から御連絡します。
事業者による商品化(販売)又はファムトリップ等で提供されたことがある体験事例から選ばれる3賞(食かける大賞、食かける賞、ネクストブレイク賞)と高校生や大学生のフレッシュなアイデアを選ぶ1賞(DREAM賞)を合わせて20件程度を選定します。

(8)審査結果等

審査結果は令和元年9月中旬に農林水産省ホームページ及び応募サイトにおいて発表いたします。

(9)表彰式

日時:令和元年11月上旬(開催予定)
場所:東京都内
受賞者には別途、詳細を通知いたします。

(10)応募に当たっての留意事項

  • 応募された体験事例のうち写真、動画及び体験事例の説明は、応募サイトから不特定多数の方が閲覧可能となることを御了承ください。
  • 応募内容が事業趣旨を逸脱すると本プロジェクト事務局が判断した場合は、応募内容を削除します。
  • 応募内容に事実と異なる内容が含まれていると本プロジェクト事務局が判断した場合は、選考外とします。

(11)応募に係る問合せ先

食かけるプロジェクト事務局
電話番号:050-3803-9619
E-mail:info@eatmeetjapan.jp
(事業実施者)
株式会社JTB
担当者:西川、嵯峨
電話番号:03-6737-9401

3.「食かけるフォーラム」の開催について

(1)趣旨

本プロジェクトに参画する機運の醸成を目的として、「食かけるフォーラム」を開催します。

(2)開催日時及び場所

日時:令和元年6月28日(金曜日)17時00分~19時00分
場所:100BANCH(ヒャクバンチ)3階
所在地:東京都渋谷区渋谷3-27-1(JR渋谷駅新南口から徒歩約2分)

(3)フォーラムの内容

(16時30分受付、開場)
17時00分
第1部:食かけるプロジェクト趣旨説明
〈パネリスト〉本プロジェクト準備委員会委員
大羽 昭仁(株式会社未来づくりカンパニー 代表取締役)
楠本 修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)
小西 利行(株式会社POOL 代表取締役)
田中 里沙(事業構想大学院大学 学長)
西川 太郎(株式会社JTB 法人事業本部事業推進部・地域交流事業推進担当部長)
伏谷 博之(タイムアウト東京代表 ORIGINAL Inc.代表取締役)
牧野 友衛(トリップアドバイザー株式会社 代表取締役)
〈コーディネーター〉
西 経子(農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課長)

18時00分
第2部:日本の食の新しい価値の創造と海外発信
〈パネリスト〉
高野 哲矢(株式会社まちづくり小浜)
浜田 岳文(株式会社アクセス-オール-エリア代表取締役)
1名調整中
〈コーディネーター〉
小西 利行(株式会社POOL 代表取締役)

19時00分閉会
上記プログラムについては、変更することがあります。あらかじめ御了承ください。
また、フォーラムの様子について、写真及び動画撮影をさせていただきます。撮影した写真及び動画は当省ホームページ等で本プロジェクトの紹介のため使用させていただく可能性があります。
なお、終了後、交流会を予定しておりますので、3.(4)フォーラム参加の申込方法に記載のあるサイトで御確認ください。

(4)フォーラム参加の申込方法

本プロジェクト公式サイトからお申込みください。
公式サイトURL:https://www.eatmeetjapan.jp(外部リンク)

申込締切は令和元年6月24日(月曜日)17時00分です。
参加申込者が募集人員(100名程度)に達した場合は、途中で申込を締め切らせていただきます。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否の確認等、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。
フォーラムは公開です。

(5)その他

会場へお越しの際は、公共交通機関を御利用願います。
なお、自動車でお越しの場合は、御自身により、周辺の民間駐車場の御利用をお願いします。

(6)報道関係者の皆様へ

報道関係者でフォーラムの取材を希望される方は、3.(4)フォーラム参加の申込方法に従いお申込みください。
取材に当たっては、必ず会場係員の指示に従ってください。

〈添付資料〉
「食かけるフォーラム」の開催について(PDF : 512KB)

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課

担当者:牧野、門谷
代表:03-3502-8111(内線4067)
ダイヤルイン:03-6744-2012
FAX番号:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader