ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 鹿野農林水産大臣とラム香港貿易発展局総裁との覚書の署名について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年5月14日

農林水産省

鹿野農林水産大臣とラム香港貿易発展局総裁との覚書の署名について

本日、鹿野農林水産大臣は、香港貿易発展局主催のシンポジウムに合わせて来日した同局フレッド・ラム総裁と、日本産農林水産物・食品の香港向け輸出促進に関する覚書に署名しました。

覚書の概要

農林水産省と香港貿易発展局は、日本産の農林水産物・食品の香港への輸出促進に関し、以下の取組みを実施することで合意し、署名をしました。

 

<参考 : シンポジウムの概要>

日時 : 5月15日(火曜日)〔東京〕、17日(木曜日)〔大阪〕

名称 : “think GLOBAL think HONG KONG” ~国際化へのパートナー:香港~

開催趣旨 : 香港と日本のビジネスパーソンが一堂に会し、香港と日本の経済産業協力関係をアジア経済推進の重要な動力にすべく、様々なセッションを通して世界市場の動向や課題について討議を行います。

参考 : http://www.thinkglobalthinkhk.com/jp/index.htm

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

食料産業局輸出促進グループ
担当者:筧、久保、南部
代表:03-3502-8111(内線4311)
ダイヤルイン:03-3502-3408
FAX:03-6738-6475

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図