このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の受領場所の拡大について

  • 印刷
平成29年4月20日
農林水産省

農林水産省は、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、日本から食品等を輸出する際には、諸外国から求められている食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の発行を行っています。
平成29年4月20日(木曜日)から、輸出検疫証明書の交付を必要とするロットについて、植物防疫所及び動物検疫所において食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の受け取りが可能となりました。

概要

農林水産省は、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、日本から食品等を輸出する際には、諸外国から求められている食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の発行を行っております。
農林水産業の輸出力強化戦略(平成28年5月19日農林水産業・地域の活力創造本部取りまとめ)において、「証明書窓口・受領場所の拡大」を行うこととされていたことから、これまでの受取機関(62機関)に加え、本日から、輸出検疫証明書の交付を必要とするロットについて、植物防疫所及び動物検疫所(89機関)において食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の受け取りが可能となりました。

その他

平成27年1月30日付けプレスリリース「食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書のインターネットによる申請手続の開始について」
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/150130.html

<添付資料>
農林水産省が発行する輸出証明書の交付(受取)機関一覧<151機関>(PDF : 130KB)(平成29年4月21日訂正)

お問合せ先

食料産業局輸出促進課

担当者:萩原、永吉
代表:03-3502-8111(内線4346)
ダイヤルイン:03-6744-7173
FAX番号:03-6738-6475

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader