このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

訪日外国人旅行者の食料品等の購入状況について

  • 印刷
平成29年7月10日
農林水産省
近年、訪日外国人旅行者の増加に伴い、旅行者が日本産の農林水産物・食品を購入する金額が相当な規模に達していることを踏まえ、農林水産省では、訪日外国人旅行者による日本産農林水産物・食品の購入状況(推計値)について取りまとめました。

概要

1 観光庁の「訪日外国人消費動向調査」を基に、年間の訪日旅行者がお土産として購入した日本産の食料品等の購入額を推計し、主要国ごとの内容を含めて公表します。
 
2 平成28年の訪日外国人旅行者の買い物(お土産等)額のうち、食料品等は2,897億円となっており、買い物額全体の20%を占めています。

3 この内訳として、菓子類は1,308億円、その他の食料品等は1,589億円となっています。

4 国別では、中国が最も多く、菓子類で507億円(39%)、その他の食料品等で536億円(34%)を占めています。

(添付資料)
訪日外国人旅行者の食料品等の購入額(推計値)について(PDF : 177KB)

お問合せ先

食料産業局輸出促進課

担当者:渡邉、佐藤
代表:03-3502-8111(内線4311、4345)
ダイヤルイン:03-3502-3408
FAX番号:03-6738-6475