このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項

  • 印刷
平成29年5月16日
農林水産省
農林水産省では、消費者庁、環境省、厚生労働省と共に、「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」を作成し、都道府県、団体向けに通知しました。

1.主旨

我が国において、本来食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」が年間621万トン発生しており、このうち339万トンが食品産業から発生しています。この食品産業のうち、飲食店等における食べ残しによるものが相当程度を占めています。
また、一部の地方公共団体においては、飲食店等における食品ロスの削減に向けて、食べきり運動や自己責任を前提に食べ残しの持ち帰りの呼びかけが広がっています。
こうした動向を踏まえて、「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項を作成しました。

2.内容

持ち帰る前に、消費者・飲食店それぞれの立場から、食べきりの取組を促進することにより、「食べ残し」の削減を進めることを前提として、残った料理を持ち帰る場合は、食中毒リスクを十分に理解した上で、自己責任の範囲で行うことなどを紹介しています。

3.参考

食品リサイクルに関する施策及び食品ロス等に関する情報については、以下のURLを御参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/161014.html


〈添付資料〉
飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項(PDF : 227KB)
参考:食べきり対策関連(PDF : 445KB)

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

担当者:鈴木、齋藤
代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066
FAX番号:03-6738-6552