このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

第1回「食品ロス削減全国大会」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成29年9月7日
農林水産省
消費者庁
環境省
松本市
松本市、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会は、農林水産省、消費者庁、環境省と共催で、平成29年10月30日(月曜日)、31日(火曜日)に、長野県松本市において、第1回「食品ロス削減全国大会」を開催します。
30日(月曜日)は公開でカメラ撮影が可能ですが、31日(火曜日)は非公開でカメラ撮影できません。

1.概要

まだ食べられるのにも関わらず廃棄されている食品、いわゆる「食品ロス」は、年間621万トンと推計されています。この「食品ロス」を減らしていくためには、食品ロス削減国民運動「NO-FOODLOSS プロジェクト」の推進により、消費者を含めた食品ロス削減に関わる様々な関係者の連携やフードチェーン全体で認識共有することが重要です。
この度、長野県松本市において、平成29年10月30日(月曜日)、31日(火曜日)に第1回食品ロス削減全国大会を松本市・全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会主催、農林水産省・消費者庁・環境省共催で開催します。
本大会は、東京2020公認プログラム(持続可能性)(※)に認証された事業として開催するとともに、元大関の把瑠都さんや食育インストラクターの和田明日香さんによるトークショーや気象予報士の菊池真以さんによるミニ講演、行政・食品関連事業者によるパネルディスカッション等、多くの方々に食品ロスについて、分かりやすく考えていただくためのプログラムを多数準備します。
また、2日目は、自治体関係者を対象に情報交換を行うことで、関係者間の連携を図ります。

(※)東京2020公認プログラム(持続可能性)
様々な組織・団体がオリンピック・パラリンピックとつながりを持ちながら、大会に向けた参画・運気醸成・レガシー創出に向けたアクションが実施できる仕組み(東京2020参画プログラム)のうち、当該事業は、東京2020公認プログラム(持続可能性)に認証されました。

2.開催日時

(一般向け)
平成29年10月30日(月曜日)13時00分~16時30分(受付:12時00分~)
(自治体向け研修会)
平成29年10月31日(火曜日)9時00分~11時00分

3.場所

会場:まつもと市民芸術館
所在地:長野県松本市深志3丁目10番1号
http://www.mpac.jp/access/ [外部リンク]
(会場には駐車場がありませんので、公共交通機関を御利用ください。)

4.主催

松本市、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(※)
(※)全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会は、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する都道府県・市区町村により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))を推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立されたネットワークです。

5.共催

消費者庁、農林水産省、環境省

6.内容

1日目(10月30日(月曜日))【13時00分~16時30分】(受付12時00分~)
開会・あいさつ・来賓紹介(13時00分~13時15分)
オープニングインフォメーション(13時00分~13時30分)
 「自治体で取り組む食品ロス削減(仮題)」 松本市(開催自治体)
 トークショー(13時30分~14時20分)
 内容:食品ロスをテーマとした会場と一体となるトークショー
 出演者:元大関 把瑠都さん、食育インストラクター 和田 明日香さん
            元大関 把瑠都さん       食育インストラクター 和田 明日香さん
            元大関  把瑠都 さん                 食育インストラクター  和田 明日香 さん

ミニ講演(14時20分~14時35分)
 テーマ:「気象からとらえる食品ロス削減の取組(仮題)」
 講演者:気象予報士 菊池 真以さん
           (NHKニュース7 土・日・祝日気象キャスター)
            気象予報士 菊池 真以さん
            気象予報士  菊池  真以 さん

パネルディスカッション(14時50分~16時25分)
  消費者、行政、食品関連事業者の食品ロス削減の取組を共有し、意見交換することで、フードチェーン全体で食品ロス削減意識の醸成を図ります。
  コーディネーター:
  崎田 裕子氏(全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会 会長)
  パネリスト:
  勝見 潤子氏(先進自治体(京都市 環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課 技術担当課長))
  祢津 一宏氏(外食産業(株式会社星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート 総料理長))
  金丸 治子氏(小売業(イオン株式会社 グループ環境・社会貢献部 部長))
  田丸 せつ子氏(消費者(全国生活学校連絡協議会 会長))
  三沢 眞二氏(開催自治体(松本市 環境部 環境政策課 課長))
閉会(16時25分~16時30分)

2日目(10月31日(火曜日))【9時00分~11時00分】
  自治体向け研修会
  ※2日目は、自治体担当者を対象に国の取組や各自治体が取り組んでいくためのポイントの説明、意見交換等を行います。詳細はお問合先の担当者に御連絡ください。

7.参加料

無料

8.参加可能人数

1日目(10月30日(月曜日))1,000名
2日目(10月31日(火曜日))150名

9.申込方法

(1)申込方法
事前にメール又はFAXで松本市環境部環境政策課宛てに氏名、ふりがな、所属(会社・団体・学校名等)、電話番号、FAX番号又はメールアドレスを記入の上、お申込みください。
なお、自治体担当者は、2日目(31日)の参加の有無についても記入してください。
  (メールによるお申込先)
    宛先:s-kankyo@city.matsumoto.lg.jp (松本市 環境部 環境政策課)
  (FAXによるお申込先)
    別紙参加申込書に必要事項を記入の上、以下の宛先に送信してください。
    宛先:0263-34-0400(松本市 環境部 環境政策課)
(2)申込締切
平成29年10月23日(月曜日)17時00分

当日参加も可能ですが、会場の収容人数に限りがあるため、入場を制限させていただく場合がございます。
なお、申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

10.参加する場合の留意事項

参加される方は、入館時に受付で身分証明書を御提示いただきます。また、会議の参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。
ア.事務局の指定した場所以外に立ち入らないこと。
イ.携帯電話等の電源は必ず切って参加すること。
ウ.参加中は静粛を旨とし、以下の行為を厳に慎むこと。
     講演者等の発言に対する賛否の表明
     参加中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。) 
     飲食及び喫煙
エ.銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
オ.その他、事務局職員の指示に従うこと。

11.報道関係者の皆様へ

取材を希望される場合は、上記の「9.申込方法」に従い、御登録いただくか、当日、報道受付(会場ロビーに設置予定)までお越しください。
なお、取材にあたっての留意事項は、下記のとおりです。
ア.取材時に、記者証又は腕章等を見えるように掲示してください。
イ.動画、スチールの取材方法をお知らせください。
ウ.取材は1日目(10月30日)のみとなります。

<添付資料>
「第1回食品ロス削減全国大会」参加申込書(PDF : 117KB)

お問合せ先

農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課 食品産業環境対策室

担当者:食品リサイクル班 鈴木、松本
代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066
FAX:03-6738-6552

松本市 環境部 環境政策課

担当者:百瀬、阿部
電話番号:0263-34-3268(ダイヤルイン)
FAX:0263-34-0400

消費者庁 消費者政策課

担当者:戸川、橋本
電話番号:03-3507-9261(ダイヤルイン)

環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室

担当者:鈴木、稲田、丸山
電話番号:03-5501-3153(ダイヤルイン)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader