このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

食品ロス削減に資する小売店舗等における啓発活動について

  • 印刷
平成30年9月26日
農林水産省
平成30年10月を食品ロス削減の啓発月間として小売店舗等における啓発活動を実施します。

1.趣旨

我が国において本来食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」は平成27年度には約646万トン発生しており、そのうち約357万トンが食品産業から発生したと推計されています。食品産業からの食品ロスには小売事業者からの廃棄も相当程度含まれており、これを削減するための取組が進められています。そのような取組を後押しするため、農林水産省として、全国の小売店舗等にて積極的に食品ロス削減のための啓発活動を行うことを呼びかけてきたところです。

2.内容

過度な鮮度志向や購買行動が食品ロスにつながることもあることから、お客様が直ぐ行動にうつせる小売店頭で呼びかけを行うことが重要となります。また、小売店舗側でも呼びかけを行うことで、職員の食品ロスに対する意識が高まり、廃棄の削減につながるとの声もあります。
このため、平成30年10月を食品ロス削減の啓発月間として、全国各地の協力頂ける各小売店舗等において、ポスター等による啓発活動を実施します。なお、啓発手法については、農林水産省にて公表している啓発資材の活用のみならず、企業独自の啓発手法等における取組も実施しております。御協力いただける企業は以下の添付資料を御覧ください。

<添付資料>
御協力いただける企業リスト(PDF : 155KB)
農林水産省公表啓発資材及び使用場所の例など(PDF : 636KB)

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

担当者:鈴木、齋藤
代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066
FAX番号:03-6738-6552

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader