ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「6次産業化サミット」の開催及び参加者の募集について(参加申込みを締め切りました)


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年2月20日

農林水産省

「6次産業化サミット」の開催及び参加者の募集について(参加申込みを締め切りました)

農林水産省は、平成27年3月20日(金曜日)に農林水産省 本館7階 講堂において「6次産業化サミット」を開催します。

本サミットは公開で、カメラ撮影も可能です。

多数のお申込みありがとうございました。定員に達しましたので、参加申込みを締め切りました。

1.概要

農山漁村の活性化、地方創生を図っていくためには、農林水産物等の地域資源の付加価値を高める6次産業化の取組を進め、農林漁業者の所得の向上及び農山漁村における雇用機会の創出を図っていくことが重要です。

こうした取組を全国に拡大させるため、「農山漁村の価値を生かし、輝かせるために」をテーマとして、6次産業化の実践者等による基調講演及びパネルディスカッションを行う「6次産業化サミット」を開催します。

また、当日は、会場内に六次産業化・地産地消法の認定事業者が開発した6次産業化商品の事例をパネルで掲示します。

本サミットは、6次産業化に関心のある事業者、団体、地方自治体等の方であれば、どなたでも参加できます。

2.開催日時及び場所

日時:平成27年3月20日(金曜日)12時30分~16時00分

会場:農林水産省 本館7階 講堂

所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.プログラム(予定)

(1)開会

(2)挨拶

(3)基調講演

(4)パネルディスカッション(テーマ「農山漁村の価値を生かし、輝かせるために」)

〇事業者からの取組事例の紹介

 〇事業者とコーディネーターとのパネルディスカッション

(コーディネーター:西澤氏、パネリスト:木内氏、池田氏、山崎氏、久保田氏、大多和氏)
(5)挨拶

(6)閉会 

4.参加可能人数

300名程度

(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)

(定員に達しましたので参加申込みを締め切りました。)

5.参加申込要領

(1) 申込方法 

参加を希望する場合は、インターネット又はFAXにて、以下のお申込先に、「6次産業化サミット」への参加を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御連絡先(電話番号、メールアドレス(FAX番号))、勤務先・所属団体名等を明記の上、お申込みください。(電話でのお申込みは御遠慮願います。)

(2) 申込締切 

 平成27年3月12日(木曜日)17時00分必着です。

申込締切日以前であっても、定員に達した時点をもって、受付を終了いたします。受付の終了後に送付されたお申込みについては、E-mail、FAX等により受付可否を連絡いたします。

締切日以前の受付終了に関する情報については、このページ上で報告いたします。

(定員に達しましたので参加申込みを締め切りました。)

(3) 参加する場合の留意事項

 参加される方は、入館時に受付で身分証明書を御提示いただきます。また、会議の参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。
ア.事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
イ.携帯電話等の電源は必ず切って参加すること。
ウ.参加中は静粛を旨とし、以下の行為を厳に慎むこと。

エ.銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
オ.その他、事務局職員の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される場合も上記の「参加申込要領」に従い、インターネット及びFAXによりお申込みください。
その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

当日は、受付で記者証等の身分証明書を提示いただきますので、あらかじめ御了承願います。 

 

お問い合わせ先

食料産業局産業連携課
担当者:産業連携ネットワーク事務局 松本、高橋
代表:03-3502-8111(内線4306)
ダイヤルイン:03-3502-8246
FAX:03-6738-6475

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図