ホーム > 報道発表資料 > 食農連携コーディネーターバンクの創設及び今後の農商工連携の取組について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月31日

農林水産省

食農連携コーディネーターバンクの創設及び今後の農商工連携の取組について

地域の農商工連携の取組等を応援するため、本日、社団法人食品需給研究センター※は農林水産省の補助事業により、「食農連携コーディネーターバンク」を創設するとともに、当該バンクに登録をいただくコーディネーターの募集を開始するので、お知らせします。

また、今年度開催する商談会や販売促進会などの実施主体と概略が決まりましたので併せてお知らせします。

※ 公募の結果、社団法人食品需給研究センターが当該補助事業の実施主体となっております。

1 「食農連携コーディネーターバンク」創設の目的

農林水産省では、経済産業省と連携し、地方を中心として元気を取り戻し、活力ある経済社会を構築すべく、平成20年度から地域の基幹産業である農林水産業と中小企業者との連携(いわゆる「農商工連携」)の取組を支援しています。
農商工連携の取組を進める中で、現場レベルでは、連携先となる農林漁業者(中小企業者)が見つからない、どのような連携を目指すべきか、実際に商品開発に成功したがどこに売ればいいのか、など様々な悩みや課題があります。

このため、農林水産省では、今年度の補助事業により、これまで地域の活性化やまちづくりに取り組まれた方、また、商品開発、マーケティング、ブランド化等の様々な専門分野の知見を有する方に登録をいただく「食農連携コーディネーターバンク」を創設し、地域の悩みや課題などとコーディネーターを結ぶ(紹介する)システム「食農連携コーディネーターバンク」を構築することとしています。

2 「食農連携コーディネーターバンク」の登録者の募集について

既に44名(企業を含む)の方に登録をいただいておりますが、「食農連携コーディネーターバンク」の創設とともに、地域の活性化やまちづくりに取り組まれている方、国内農林水産物を活用した商品開発、開発商品のマーケティング・ブランド化、食品加工技術、地域づくり、観光などの専門的な知見を有する方などをコーディネーターとして募集します。[添付資料1、2参照]

3 「食農連携コーディネーターバンク」の運営等について

社団法人 食品需給研究センター

〒114-0024   東京都北区西ヶ原1-26-3 農業技術会館3階

電話 03-5567-1991   FAX 03-5567-1960

※ バンクの運営及びコーディネーター募集に関する詳細については、こちらにお問い合わせ下さい。

4 今後の農商工連携の取組について

食農連携コーディネーターバンクの創設のほか、本年度は、9月から11月を中心に農林漁業者と商工業者のマッチング、新商品開発・販路開拓、本格的な事業化といった連携の各段階の取組への支援を強化していきます。

それぞれの催しの詳細は、今後、農林水産省ホームページの「はじめよう!農商工連携!!」のコーナーでお知らせしますので、ご活用下さい。[添付資料3参照]

 

お問い合わせ先

総合食料局食品産業企画課
担当者:地域食品班 道菅、小山、松嶋
代表:03-3502-8111(内線4134)
ダイヤルイン:03-6744-2063
FAX:03-3508-2417

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図