ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の内容について(加工食品関係)


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月22日

農林水産省

日豪EPA(経済連携協定)交渉大筋合意の内容について(加工食品関係)

農林水産省は、本日、日豪EPA(経済連携協定)について、加工食品関係(畜産物、林産物、水産物等を除く)の大筋合意の詳細について取りまとめました。

1.概要

 平成19年4月に交渉を開始し、全16回に及ぶ交渉会合が行われ、平成26年4月7日に日豪EPA(経済連携協定)交渉の大筋合意に至りました。本日、加工食品関係(畜産物、林産物、水産物等を除く)の大筋合意の詳細について取りまとめました。

 2.品目毎の内容

(1)関税撤廃等からの除外

落花生油(8.5円/kg~10.4円/kg)、とうもろこし油(5円/kg~10.4円/kg)、ショートニング(12.8%)、砂糖菓子(24%)、キャンディー類(25%)など

(2)関税削減

大豆油(13.2円/kg→11.88円/kg)、チョコレート菓子(10%→8%)、スパゲティ・マカロニ(30円/kg→24円/kg)、ワッフル・ウェハー(18%→10%)、ビスケット等(15%→12%)など

(3)10年間かけて段階的に関税撤廃

綿実油(8.5円/kg)、菜種油(10.9円/kg~13.2円/kg)、亜麻仁油(5%又は5.5円/kgのどちらか高い方)、小麦グルテン(21.3%)など

(4)3~7年間かけて段階的に関税撤廃

炒ったコーヒー(12%)、カレー(7.2%)、醤油(7.2%)、マヨネーズ(12.8%)など

(5)即時関税撤廃

ペッパー(3%)、採油用の大豆の粉及びミール(4.2%)、やし油(4.5%又は5円/kgの高い方)、ウールグリース(1.2%)、グリセリン(5%)、コーヒーエキス(8.8%~15%)、鉱水及び炭酸水(3%)など

 ※カッコ内は現行の税率 

3.その他

豪州から我が国への加工食品関係(畜産物、林産物、水産物を除く)の輸入については、2012年の世界からの総額約1兆2千億円の約1.8%にあたる約210億円(15位)。

引き続き、協定確定等の作業を行っていきます。

お問い合わせ先

食料産業局食品製造卸売課
担当者:大豆生田、忠田、笠川
代表:03-3502-8111(内線4111)
ダイヤルイン:03-6744-0480
FAX:03-3502-5336

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図