ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 植物新品種保護国際同盟(UPOV)技術作業部会の議長の選出について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年10月22日

農林水産省

植物新品種保護国際同盟(UPOV)技術作業部会の議長の選出について

植物新品種保護国際同盟(UPOV)の6つの技術作業部会のうち、果樹分野、観賞植物・樹木分野の技術作業部会の議長が、日本から選出されました。

1.概要

平成26年10月16日に植物新品種保護国際同盟(UPOV)の第48回理事会が開催され、6つの技術作業部会の議長(任期3年)が選出されました。日本からは、果樹に関する技術作業部会議長として山口 克己氏(農林水産省 東北農政局 消費・安全部 消費・安全調整官)が、観賞植物・樹木に関する技術作業部会議長として沼口 憲治氏(農林水産省 食料産業局 新事業創出課 次席審査官)がそれぞれ選出されました。

日本から技術作業部会の議長が選出されたのは初めてです。

2.植物新品種保護国際同盟(UPOV)について

(1)植物新品種保護国際同盟(UPOV※)とは
新しく育成された植物品種を各国が共通の基本的原則に従って保護することにより、優れた品種の開発、流通を促進し、もって農業の発展に寄与することを目的としています。

(2)技術作業部会とは
UPOVの組織には、(ア)農作物、(イ)果樹、(ウ)観賞植物・樹木、(エ)野菜、(オ)コンピューター、(カ)生化学・分子技術、の6つの技術作業部会が設置され、品種登録審査に用いられる植物種類別の審査基準の国際標準となるUPOVテストガイドラインの策定のための検討などが行われています。

※UPOV : INTERNATIONAL UNION FOR THE PROTECTION OF NEW VARIETIES OF PLANTS

3.参考

UPOV理事会のプレスリリース、UPOV条約の概要等は、以下のページからご覧になれます。

・UPOV第48回理事会のプレスリリース
http://www.upov.int/export/sites/upov/news/en/pressroom/pdf/pr98.pdf (PDF:75KB) [外部リンク]
・植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)
http://www.hinsyu.maff.go.jp/act/upov/upov1.html[外部リンク]

・農林水産省 品種登録ホームページ
http://www.hinsyu.maff.go.jp/[外部リンク]

お問い合わせ先

食料産業局新事業創出課種苗審査室
担当者:田中、宮成
代表:03-3502-8111(内線4294)
ダイヤルイン:03-6738-6448
FAX:03-3502-6572

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図