このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

新たなJASマークの決定について

  • 印刷
平成30年10月19日
農林水産省
農林水産省は、新たなJASマークのデザインを決定しました。

1.概要

JASマークは、しょうゆや木材などに表示され、広く知られているいわゆる丸JASマークと、「地鶏肉」や「熟成ハム」など、特色のある規格のマークに大きく分けられます。
この特色のある規格のマークを統一し、国内、海外市場において特色をアピールできる新たなJASマークを決定するため、平成30年9月4日(火曜日)から9月30日(日曜日)にかけて、一般投票を行いました。
投票の結果、総投票数1,076のうち、476の最多得票であった以下のデザインを、新たなJASマークとします。

2.新たなJASマークについて

新JASマーク

【デザインコンセプト】
国内外において、「信頼の日本品質」を一目でイメージしていただくため、日本を象徴する「富士山」と、日の丸を連想させる「太陽」を組み合わせ、シンプルにデザインしました。それぞれの規格の内容を富士山の裾野部分に記載します。なお、配色の指定はしない予定です。

3.今後の予定

今後、速やかに新JASマークを告示し、様々な機会を通じて、新JASマークを表示する特色のある規格とともに、新JASマークをPRしてまいります。

参考:JASマーク見直しの概要図

マーク概要

お問合せ先

食料産業局食品製造課基準認証室

担当者:谷口、中村、岡田
代表:03-3502-8111(内線4480)
ダイヤルイン:03-6744-2096
FAX番号:03-6744-0569