このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

大阪堂島商品取引所の定款変更の認可について

  • 印刷
平成29年8月7日
農林水産省
農林水産省は、本日、商品先物取引法(昭和25年法律第239号)の規定に基づき、大阪堂島商品取引所による米穀の先物取引の試験上場を2年延長する旨の申請を認可しました。

1.申請日

平成29年8月4日

2.申請者

大阪堂島商品取引所

3.申請内容

同取引所で試験上場されている米穀の取引期間を現行の6年間から2年延長し、8年間とする。
(取引期間は平成31年8月7日まで。)

4.認可理由

商品先物取引法第155条第3項において、主務大臣は、取引所から定款変更の認可の申請があった場合、同項各号に定める基準に適合していると認めるときは、認可をしなければならないこととされています。

同取引所の申請内容は、同項第4号に定める基準に適合していると認められることから、同条第1項の規定に基づき認可しました。


<添付資料>  (添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
   参考  商品先物取引法(抜粋)(PDF : 44KB)

 

お問合せ先

食料産業局食品流通課商品取引室

担当者:取引所監督班 五十嵐、田中、高嶋
代表:03-3502-8111(内線4176)
ダイヤルイン:03-6744-2248
FAX番号:03-3502-6847

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader